許容しなくてはつきあえない

属国としてでも生き延びるため為政者はプライドを抑え、或いは、国内的には民は苛斂誅求どころか命までも支配層に恣にされても抵抗できず、ただただ生き延びるためだけに汲々としなければならなかった人々が、嘘を言ってでも窮地を脱しなければならなかった長い歴史からくる精神構造は、哀れという以外にいう言葉がない。
常識的に考えて、論理性など微塵も感じられないその場凌ぎの言辞を弄するのは、致し方のない性となって身についてしまったのであろう。
彼らが何の疑問も持たず作成して世界に広めているドラマの数々を見ていると、そう理解せざるを得ない。多分、彼らにとっては当たり前のことで、自国特有な歴史であるとは思わないのか、恥ずかしいこととして他国に隠さねばならないことではないらしいから、ドラマをどんどん輸出してもいる。

他人を蹴落とすためには結託して罪を捏造するし、そういうことで組んだ仲間は互いを信頼し合うことなぞできないから、すぐに裏切ることになる筋書きというのもドラマに共通している。
悪事がバレルと「一度だけ許して下さい。」と手をすり合わせて拝むが、一度どころか何度でも懲りずに悪事を続けるというのも、同じく共通している。

虐げられても救済されることが少ないから、恨みを長く心に刻み込むようになってしまった文化から脱却するのは、気の毒ではあるが難しそうに思えてならない。
そういうアイデンティティというかスタンダードを理解することなく、綺麗ごとでつきあおうとするから腹が立つ。
一歩譲れば組みしやすしとたかをくくり、どこまでもまとわりつくのは、他国に対してのみではない。政治家が失脚するのは、身内の不始末からだというのも毎度のことに見える。

内政に行き詰ると外に敵をつくることで国をまとめようとするのも、毎度のこと。
捏造してでも次々に問題を起し、感情を煽り立てて目を逸らさせてみても、根本対策ではないから、得るべきものはあるまい。世界から顰蹙を買う結果を招く損害の方が大きかろうに・・・
感情を如何にコントロールして、行く先を見つめるか、ということは簡単ではない。

そういうバックグランドを許容してでも、根気よくつきあっていく工夫が必要となる。
難民が出たらもっと大変なのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

その場所を通って思い出したこと

昔、大学を卒業したばかりの頃は、よく交通機関を全部止めてしまうようなストがあった。
事業を立ち上げたばかりのころで、仕事を休むわけにはいかないときであったから、夕刻、汚れた作業着のままで翌日の出勤のために会社の自転車を借りて、2時間はたっぷりかかるであろう道を、自宅に向かって帰ることにした。
途中でお巡りさんに呼び止められた。今でいうところの職務質問、当時は不審尋問と言った。

「それは君の自転車か?」今では考えられないような高飛車な聞き方であった。
その言い方に多少は腹もたったので、聞かれたことについてだけキッパリと答えた。
「いいえ、違います。」事実に相違はなく正直な返答であったが、途端にそのお巡りさんが血相を変え、「ちょっとそこの交番まで来い。」といった。
交番に着くと「どこからその自転車に乗ってきた?」とまるで盗んできたと決めつけたような聞き方であった。
「どこからって、会社から会社の自転車に乗ってきたのですが。」
「それを証明できるか?」
「多分まだ社長が会社に居ると思うから、電話すればわかります。」と言って、そばにあった電話を(当時は携帯電話などというものはなかった)取ろうとしたところ、邪険にそれを遮り「電話番号を言え。」という。
電話が繋がり状況説明をした結果、事実は事実でしかないから、かなりバツの悪そうな顔をして「もう行っても良い。」と言われた。

こちらも若かったから「呼び止めたのは不審尋問ということですよね。どこが不審だと思ったんですか?」と尋ねたのだが、要領のよい返答はなかった。
いまであれば、日々仕事に励んでいる警察官に手間を取らせるようなことは決してしないし、警察官も対応が丁寧だから、そんなやりとりにはならない。若気の至りということであった。
聞き方によって、物事は平らかにいく。

翌日会社に行くと、社長が苦笑いしながら「君も法学部出だからといって、ほどほどにした方がいいよ。」と窘められた。

何十年ぶりかでその近くを車で通ったとき、そんなことをふと思い出した。
今であれば、警察官を尊敬しているから、協力的に対応すると思うし、労いの言葉も口に出せる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。
なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

人でなし以下

漢字で書く「擬、抵牾、牴牾」は、“もどき”と読む。
「もどき」というのは、批判や非難などを意味する動詞「もどく」の名詞形である。
似ている物の事を指す言葉として「もどき」という言葉が使われていることが多い。
もどきを、非難する意味を含んだ表現にする場合は似非という。似非あるいはもどきの漢字表記の擬きは、読みづらいこともあってあまり使われてはいないが、ニセ・あるいはエセと頭につくと、モドキどころではない否定の意味が強くなる。
偶然かどうか、他の有名な生物に似ていることで、「~モドキ」と名前がついてしまっている生物というのはある。カマキリモドキやヒョウモントカゲモドキ、ウメモドキなどがあるが、
別段それが非難の対象とはならない。ニセアカシアやニセジャスミンも同様であろう。たまたま似ていたというに過ぎない。
ただ一つ、「ヒトモドキ」と呼ばれたら、それは蔑称とまでなる。人としては受け入れられない言動をしたり、考え方を持っていたりすると、世界中から相手にされなくなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

1間は44キュピトなのだというが

日本で使われていた度量衡の長さの単位、一間(いっけん)は、176センチメートル。
ユダヤの長さの単位であるキュビト(1キュビト=4センチメートル)で表示すると、44キュビトということになるのだという。
日本・ユダヤ同祖説を唱える人が、その関連性を指摘する。
キュビットというのは、そもそもが肘から中指の先までの間の長さに由来する身体尺であるのだとか。

仏教伝来以来なのだと思うが、四は死と同じ音韻であることから、日本では余り好まれないようであるが、西洋にはエンジェルナンバーというのがあって、4はどちらかというと好まれているようでもあります。
中でも444は最強の数字となっているらしい。
沢山の天使がいて、その彼等の愛とサポートが保証されていることを気づかせる数字、それが、エンジェルナンバー444なのだという。
天使たちの助けが、あなたの手の届くところにあるのだから、何も恐れることなく心配しないで、その愛と援助を静かに受け止めて感じて下さい、という数字なのだとか。
日本で縁起が良いとされる数字は、末広がりだとして喜ばれる八。
三種の神器のひとつである八咫の鏡(やたのかがみ)というのも良く知られている。
咫(あた)は円周の単位ともされ、約0.8尺である。径1尺の円の円周を4咫としていた。
したがって「八咫鏡は直径2尺(46cm 前後)の円鏡を意味する」

自分が好きな数字嫌いな数字は誰にでもあるだろうから、拘る必要はないかも知れないが、
数字にはいろんな見方があるし、いろんな意味を持っていることが多い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

日本には無尽蔵にある資源を利用して

原発が危険なものであることは誰もが認識していることであり、できればそれなくして電力エネルギーが確保できたらよいと願っている。
ただ、原発を全て即座に廃止してしまうというのは、現時点では現実的ではないとも思う。
廃炉を進めるにしても、原子力利用の技術を持ち続けなければ、それは不可能であろう。
いったん始めてしまった原子力発電は、廃棄物の処理だって、もはや簡単な問題ではあるまい。

事故被害の当事者である東京電力のみに責任を負わせ、処理費用の負担は御免蒙るというのは、今までその恩恵に浴してきた者の一人として忸怩たるものがある。
わたしゃそんなのしりません、ということで解決できる規模の問題ではなかろう。
意に染まなくても、国として対応することは、やむを得ないことかも知れない。

エネルギー確保のための代替設備として挙げられる太陽光発電も、風力発電も、一長一短あり、必要エネルギーを確保できるようにするまでには、どれくらいの期間とどれくらいの費用がかかるのだろう?

石油やガス、石炭などの化石燃料を使う火力発電だって、確保し続けるのに問題はあり、公害も無視できない。
現在、なんとかやりくりして電力が供給されているから、このままで良いとするわけにはいかない。将来への体制を整えていかなくてはならない。

メタンハイドレートもそうであるし、我が国においては無尽蔵に確保できそうなマグネシウムを利用するというのであれば、火力発電所の設備が使えそうに思うのだが、素人考えすぎるのだろうか?
マグネシウムを使う電池というのも有望そうであるが、これも簡単にはいかないということなのだろうか?

これから投入しなければならない膨大な資金と、将来的にペイされる効果との比較も考えて、日本独自の技術が確立できたら良いのにと心底から願う。
この分野であれば、日本は資源大国であるし、システムが構築できた後に安価なエネルギーを世界に供給することで人類に対して貢献できる度合いは計り知れない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。
なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

また売りつけられるだと?

キチガイ(差別用語?)に刃物、という。危ないことを端的に表す言葉である。
刃物どころか、これが核兵器だということになれば、危険さの度合いは桁外れとなる。
他国の指導者をまさかそう呼ぶことはできないが、自国が崩壊しそうな状態を迎えて切羽詰まれば、最後っ屁ではないが、共倒れを狙う恐れは十分に予測できる。

核を搭載したミサイルを迎撃して破壊することは、国民の生命財産を守るためには絶対必要なことになる。
この攻撃を無力化できるとなれば、その備えは抑止力としても働く。
防御態勢が十分でない弱点を補うために、イージス・アショアを購入装備することを、さもさもアメリカから高額の兵器を押し付けられているのではないかとして、反対を唱える人がいるが、では、どうしたら良いのかということは言わない。
金が掛かる位なら死んでもいいんだというならそれでもいいが、そんな人は少ない。
攻撃されたら黙って滅びろ!といいたいのなら、自分だけにして、他を巻き込むなというのが本音に違いない。

攻撃兵器より防御兵器が高くなるのは当然である。自国でそれを開発するということになれば、更に高くなることは考えるまでもない。
安く済ませる方法はある。それは攻撃兵器を作ることである。

日本のロケット技術をもってすれば、それは可能であろう。
武器の購入が高いというのであれば、独自の攻撃兵器を整備して抑止力としてか使うようにしたらどうだ?という意見を言う人はいない。
更に言えば、核兵器を保持すれば、それはもっと有効であるに違いないが、さすがにそこまでは踏み込めまい。
核兵器を持ったとして、世界で唯一それを使うことができる権利を有しているのは日本だけだということもある。(核攻撃は、された側にのみ報復権がある。)

北朝鮮対アメリカを中心とする連合国側は、休戦協定を結んでいた。(韓国は、協定署名の当事者にすらなっていない。)
しかし、北朝鮮はこれを無効であると、既に宣言してしまっている。いうなれば戦闘行為がない状態での戦時下にあるということになる。
宣戦布告なしでいつでも戦争状態に入れるのだというのが、国際法での立て付け上の解釈になる。極めて危険な状況だと理解しなくてはなるまい。戦時下にあるのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

知っている人は少ないが

現代ではあまり馴染みがないかもしれませんが、「事八日(ことようか)」といわれる伝統行事があります。
これは、月の満ち欠けを指標にした旧暦の名残をとどめる大切な習わしだとされている。
半月となる八日の月は、満月から晦日への中間を知らせ、古来、物事のけじめに用いられたのだという。
そんなところから、12月8日と2月8日を合わせて「事八日(ことようか)」と呼び、事を始めたり納めたりする大事な日とされています。

1年の農作業を終える日として、「事納め」の12月8日。農作業を始める日として、「事始め」の2月8日。前者は主に関西地方で、後者は主に関東地方で、様々な行事が行われてきたのだという。

両日とも、豆腐に針を刺す針供養の日でもある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。
なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

国内のマスコミがいつまでも取り上げていれば

今年の終戦記念日には、閣僚が一人も靖国神社への参拝をしなかったのだという。
個人の判断なのだか政治的な判断なのだか知らないが、参拝することにまで気を使わなくてはならないとしたら、不自由なことだと思う。

靖国神社に参拝することがどうして右傾化なのか、戦争賛美なのか、軍国主義化なのか、さっぱり解らない。
「行け」とも言わないし「行くな」とも言う立場を取るわけではないが、日本人の普通の感覚とすれば、人は死ねばみな仏。参拝して手を合わせ弔うことが戦争につながるなどということを微塵も考えてはいまい。
仮令どんな悪党であっても、葬られ祀られているのを参拝することに異を唱えることがない文化だと思っている。
思い返してみると、朝日新聞のK記者が靖国参拝反対記事を書くまで、中国も韓国も(韓国が反対する理由は全く理解できない)も、さして騒いではいなかった。
日本で大騒ぎする記事が書かれたことで、中韓も反応せざるをえなくなったのだと思っている。

終戦後には、紛れもなくWGIP(war guilty information program)というのがあって、何が何でも日本だけが悪かったとせざるを得ない事情があった。
そのお先棒を担いで日本叩きしたのが朝日新聞であった。
数年前までは戦争を煽った側の新聞だったと思う。
まあそんなこともこんなことも、いずれは歴史が明らかにしていくだろうから、今頃いきりたってみても始まらないことだと思ってはいる。

もう一つしっくりこないのが、右翼と左翼。
保守と革新というくらいの区分けだとか、自由主義と共産主義の差だとかなら解らなくはないが、右翼は戦争肯定で、左翼は平和主義だとか、マスコミの言うことに従わないのが右翼だとか言われると、それは全く合意できない。
共産主義国の方が戦争に近いことをしていると思える。

今の若い人は、愛国的であるか反日的であるかということも、分け方の基準にしているようにみえる。
反日に血道をあげるK国を、ネトウヨと呼ばれる人たちが嫌っていた時期は通り過ぎて、「好きなだけ反日をやっていれば・・・」と突き放すようになってきていることが、最早相手にもしないと考えるに至った恐い現象なのだと思うが・・・

いずれにしても、自分の都合を言い立てて、他者の意見や立場にただただ反対しているとそうなりかねない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

談話以後、ややこしさを増したのでは?

「正しい歴史観」などと、わけのわからないことを言う国があるので、歴史観ということを調べていて感じたことが有ります。
それは、中国・韓国との関係が顕著に悪化したのは、村山談話以来のように思えるということです。
それまでに問題がなかったとは思わないけれど、一気に加速したキッカケとなっているように思えるのです。
歴史家でもないし専門家でもないから、あくまで感想であります。

談話では『植民地支配と侵略によって・・・
とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました』
とあり、韓国と中国だけではを指している訳ではありません。
しかしそもそもこの談話は
1. 韓国と中国が謝罪しろとしつこい
といっいても韓国と中国に謝ることはないので謝りようがない
2. なので談話に特定の国をつけずに、とりあえず謝った
というのが経緯であろう。

日本人的に考えれば、談話中に用いられている文言は不適切なものがあるにしても、これで一件落着ということになるのが普通であろうが、国際間の常識では通用しない。
諸外国では、謝ったら終わりとはならず、賠償しろということになる続きがある。
だから彼らはまず謝罪はしない。
そういう場合、一番最高だとして用いられる常套句は「それは貴方にとって大変不幸なことでした。」という解ったような解らない、曖昧な表現。これで終わりにする。

で、この問題は
本当に迷惑を受けた国家 例:中華民国(現:台湾)などは最初から謝罪を要求してないし、戦争の相手国でもなかった国に謝る必要もないと思っていたが、
韓国と中国が、反応した。「それみろ、日本は迷惑をかけたと謝罪した。」
談話ではなく、国として正式に謝罪と賠償をしろと言い出してきたというわけである。

一般的に、歴史というのは非常に多岐にわたるものであり、当然のこと功罪の評価はつけがたいというのが常識化している。
戦争を謝罪するなどということをしたのは、世界中で日本国のみである。
ドイツもそれをしたという人がいるが、ドイツはナチスの犯罪は謝罪したが、戦争そのものを謝罪したことは一度もない。

歴史を語るのは、世界観と全体を把握できる哲学なくしては叶わぬことであるから、膨大な時間の経過を必要とする。
勝てば官軍、負ければ賊軍ということはあるにしても、戦争ということになると、どちらか一方だけが悪いなどということは基本的にはない。
ハッキリ言わせてもらえば、いい子になりたくて綺麗ごとをいうと、より一層の混乱を招くけっかとなる。

談話を出した当時は、日本も中国も韓国も国内政治が不安定な時期であったとは思うが、世界の安定を目指すのであれば、善人面をして通せるほど簡単ではないということになる。
河野談話も、禍根のみを残した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

中学生でも知っていることを

初めに変な筋書きをつくってしまうと、議論の中での論理矛盾に対応できない。
「北朝鮮から攻撃されても無抵抗でいろ。」だの、「ミサイルを迎撃したら、その破片の方が心配だ。」だのとTVでコメントする人などは最初から相手にしなければよいが、

例えば、「民意を問うことなく憲法の発議をするのか?」という質問などは無視できない。
これは、法解釈を捻じ曲げるリードを意識していると思えるから、公共のテレビ電波を使って許される範囲を逸脱する。
局の方針で、どうしても番組内で憲法問題について論じたいなら、最小限一度くらいは全文読んでからでないと、愚かさを露呈して恥をかくことになるだけでは済まない。
憲法改正の賛否を決するための国民投票は、発議され審議された後に行われるのは、中学生でも知っている。

その国民投票についてさえ、イギリスのEU離脱を例に挙げ、愚かな選択をする危険性があるかのようなことを言うに及んでは、僭越極まりないことではないかと思ってしまう。
他国の事情を詳らかに理解しているとでもいうのか?
同様に触れるなら、K国の大統領選の結果にも注文をつけるのか?ということになるが、そんなことはしまい。

お偉いマスコミの望む通りの結果を出さないかも知れない国民は、馬鹿だとでも言いたいのか?
立憲主義を主張するのなら、ご都合主義では済まない。自分たちが否定していることになるではないか。

よく、「国民が~国民が~」と口にするが、マスコミが望む答えを出すのが国民ではない。しかもそれは如何に偏向報道してみても、少数にとどまっているとしたら猶更ではないか。
自らが行うアンケート調査のいかがわしさも、知っていることを暗に示してしまっていることになりかねまい。

いずれにしろ、憲法の改正は以下の手順に従うのであるから簡単にはいかない。
よほど差し迫った事態でも起こらない限り不可能とさえ思えるほどの手順なのである。

日本国憲法の改正手続きは、憲法96条、国会法、日本国憲法の改正手続に関する法律(国民投票法)(平成19年5月18日法律第51号)に規定されており、主なものでも、
① 日本国憲法の改正案の原案を発議するのは国会議員が行う。(国会法68条の2:原案の発議には、衆議院においては議員100人以上、参議院においては議員50人以上の賛成を要する。)
② 日本国憲法の改正案の原案の発議に当たっては、内容において関連する事項ごとに区分して行う。(国会法68条の3)
③ 憲法審査会が、日本国憲法に係る改正の発議又は国民投票に関する法律案等を審査する。(国会法102条の6)
④ 憲法改正の発議には、衆議院、参議院それぞれの議院の総議員の3分の2以上の賛成を要するのであって、両議院の議員全部を合わせた総議員の3分の2ではない。(憲法96条)(衆議院本会議で3分の2以上の賛成、かつ参議院本会議で3分の2以上の賛成、これが成り立つ。【憲法改正発議の条件①】)
⑤ 憲法改正の発議に関しては、衆参両議院の地位は対等、両院が異なる議決を行えば発議されない。つまり、両院同じ議決を必要とする。
(衆議院から参議院に決議の地位は対等なので、衆参本会議において同じ議決を必要とする。修正議決となれば衆参両院同じ修正議決が必要になる。【憲法改正発議の条件②】 また、両院協議会の設置規定ができた(国会法86条の2)。)
⑥ 憲法改正案は、内容において関連する事項ごとに提案され、それぞれの改正案ごとに一人一票を投じる。(国民投票法47条)
⑦ 憲法改正は、主権者である国民の承認によってはじめて成立するものとされ、この承認は特別の国民投票または国会の定める選挙の際に行われる投票によってなされることになっている。
(国民投票により、投票総数(賛成の投票数と反対の投票数を合計した数、棄権や無効票の票数は含まれない)の2分の1を超えた場合は、国民の承認があったものとされる)(国民投票法98条2項、126条1項)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
プロフィール

AA3TAKE◎小さな気づきから

Author:AA3TAKE◎小さな気づきから
 
 生きているだけで価値があるのだとも言われますが、この世に生まれた甲斐は、幸せになるということのはず。

 幸せは、顔をそちらに向けねば気づかぬままに通り過ぎてしまいがちだから、これからは努めてよきことを数えてみようと思っています。
心と体が健康であってこそ、正しく美しい気づきが得られ幸せに導かれる。
普段が楽しくあらねばならないのだと思います。

フリーエリア


自分でもできる墓石クリーニング
  成功する人は皆、潜在意識の使い方がうまいのだといわれています。
自分をとりまく動きが全ての場面で変わってくるというインパクトを持ったきっかけとなるのが、墓石クリーニング。
 運が悪いだのツキがないだの言ってるだけで、自分では何もしないのでは、どうにもならないということだけは確かなことです。

bosekibanar5 
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
血糖値・糖尿病に「紅菊芋パウダー」
蜂蜜・プロポリス専門店
40万人が禁煙に成功
痛くない脱毛器
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご案内
フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご連絡は、こちらから
お問い合わせや、情報交換etc.

名前:
メール:
件名:
本文: