FC2ブログ

全てを想定することなぞできない

日本人は古来より神とつながる感性を自然に備えていて、神と共にある民族なのだと思える。
だから、巷間言われるような無宗教なのではなく、DNAに浸みこんだ信心の力によって日々を過ごすことができる。
海外から日本に迎え入れた神々も、仏教であれキリスト教であれイスラム教であれ、日本古来の神々と融合させてしまって違和感を感じていないのも、それが根底にあるからであろう。

人として生きていくために望ましいと考えられることに挑戦を繰り返し行動してきた過程で、文化は発展したのだと思うが、ものごとを為す上で想定外な結果がもたらされたことは多かったのは当然である。
その想定外な事象の中に神意を汲み取ろうと謙虚に向かい合って、それを智慧として積み上げてきたのだと思う。
想定外の結果や、最初から侵すことができないものとしたものの総称を神としたのであると考えると理解しやすい。
神へのお作法は自ずから定まり、それが身についている。祈ることであったり神社として祀ることであったり鎮めるための結解をつくることであったりしたのであったが、侵すべからざるものとして畏まる感覚が醸成されてきたのが日本民族の意識なのだと思う。
祝詞をあげたり、叙事詩で自然褒め言葉にしたのも、その顕れである。

科学が発達してきたことで、人間の霊力を軽くみるようになってきて、頭だけで考えた意見が先行するようになってきた。
例として適当かどうか判らないが、ナンバーワンとオンリーワンというのがある。
ナンバーワンというのは、それに携わる者が沢山居る中でのトップということであり、オンリーワンというのは、それにかかわる者が一人であるということであろうが、オンリーワンの使われ方としてはそれでいいではないかとなり「頑張らなくっていい」という慰めの言葉がそれに続いていることが多い。
ナンバーワンにしてもオンリーワンにしても、そうなれることには努力が伴っているのであるから、教育の場にある者が使わねばならない言葉は「自分ができるところまで頑張りなさい」と、強制にならない範囲で励ますことではないのか?そうしてこそ人としての精神性は育つ。
唯物史観では計れない領域ということになる。
それをしないから、「夜郎自大」な者が育つようになり、他者への敬意どころか思い上がった自尊意識は、自分の思い通りにならないことをすべて他のせいにして憚らない者が多出することにもつながる。その甚だしきは、自分の意に染まないものを排除する行動に走ることもある。
自分の努力不足は、本人もうすうす感じているから、努力で乗り越えている身近な人たちを襲うことはは決してない。「誰でもよかった」と逃げ口上することでもわかる。要するに、神(何か偉大なもの)への作法を知らないからに他ならない。

自尊が蔓延してしまったいい例が、儒教の弊害かどうか知らないが「こうあるべきだった」として歴史すら捻じ曲げ、望む結果が得られなかったのは全て他人のせいだとして恨むなどというのを常態化している地域である。自分の努力不足にさえ気づけない精神構造になってしまって、神をも恐れない人を沢山生む結果を招いてしまうのではどうにもならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
スポンサーサイト



自衛さえ独力ではできないのに

日本は対岸の火事視して気楽に構えていていいのだろうか?
在日米軍の基地は世界戦略上重要だといわれていても、日本が考えることと米国の考えることが一致していることばかりではあるまい。日本一国で防衛が可能ではないのが現実である。
米韓同盟が軋んでいる。米軍駐留経費負担や、日韓関係、南北関係、対中関係、南シナ海やインド太平洋政策への参加など厄介な問題が山積し、緊張の度合いを強めている。
韓国は、南シナ海やインド太平洋については、「新南方政策」を打ち出し、若干の対応を図っているようにも見えるが、今後も、米韓交渉を注視していく必要がある。日米交渉とも関係する。
現行日米特別協定は2021年3月に終了するので、それに間に合うよう交渉する必要がある。現状の米軍経費負担は、凡そ日本18億ドル、韓国9億ドル、ドイツ10億ドルとなっている。
韓国の防衛費は、国の予算規模が日本とは比べものにならない中で、日本の防衛費とほぼ拮抗するが(GDPに占める割合でいうと、日本は1%台であり韓国は2.5%)、米軍が撤退したら韓国の国防は風前の灯となろう。
赤化することを選択するなら別だろうが、国体は保持できまいから、国民が不利益を被ることは間違いなさそうである。

一方、韓国以上に日本は米軍におんぶにだっこ状態であり、米国が日本を不満に思うのは、経費負担のことよりも、いざとなったときに血を流すのは米国軍人であり、日本が前面になって戦うことができないということであろう。日本は身勝手だと思われても仕方ない。
自分のことさえ他人任せでいては、真剣に他国が守ってくれるわけがないと思うのが普通の考え方である。
自衛隊はあっても、確立した身分が与えられてさえない。こんなことでは自衛隊員であっても命がけにはなりにくいのではないのか。

「阪神大震災のときに、T.K氏が『自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください』と書いたビラをまいた」という流言があったというが、本当に流言だったのだろうか?
そういう流言がでても不思議ではないことが実情であろう。
そのときに自衛隊が援助活動に入るのが遅れた理由は何だったのだろうか?

自衛隊は災害援助の時しか活動の場はないのだろうか?命がけで昼夜を分かたず働いても、それに見合う報道は少ないし、地元民からの感謝は大きいと思うのだが、それも大きくは扱われない。

日本は戦争に負けて憲法上戦争を放棄した。それはそれで仕方のない事実であるが、国防上であっても自力で戦うこともできなくなっていることが果たして良いといえるのだろうか。
尖閣諸島の防衛でさえしょっちゅう米国に確認しなくては居られず、第一列島船が破られる危惧にさえ、その防衛に対する備えの装備予算すらつかない。

人種差別撤廃を唱え、植民地解放を果たさんとして戦った高尚な民族が、今は他人任せを当然のようにしてすごしているのは、恥ずかしすぎるように思えてならない。

専守防衛だというのならそれでもいいが、それなのに防衛の設備さえない。
日本は世界で唯一の原爆被災国でありながら、核シェルターの一つもない国である。そんな国は世界中どこにもない。嘘だと思うなら世界の核シェルター設置状況を調べてみればよい。
日本の周りは核保有国ばかりなのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

国会では何を言ってもいいのか?

2月12日の衆議院予算委員会で質問をした立憲民主党の辻元清美氏が、「『鯛は頭から腐る』という諺をご存じか?」と安倍首相を批判したことに対して、「意味のない質問だ」とヤジを飛ばした安倍総理に野党が反発し、一騒動になったことが話題になっている。
たまたまその質問終了時の様子をTVで見ていたが、仮にどんな優れた質問内容であったとしても、それを帳消しにしてお釣りがくるほどに下品であった。
ロシアの諺らしいが、じゃあ雑魚(ザコ)はハラワタから腐るのか?
ヤジを問題視して野党が審議拒否を図ったり、変な憲法学者を連れてきて「首相は何をいわれても誠実に答弁するのが憲法上のきまりである」などと述べさせている番組放映場面もあったが、くるっているのではないかとの感想が否めない。議員としての節度ある質問姿勢と言葉遣いを無視してよい筈がない。
審議を急がなければならない案件が山積しているのではないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

多方向からのニュースでないと

トランプ大統領の弾劾裁判は希望的観測を述べる大方の予想を覆して、無罪判決で決した。
マスコミが煽り立てて、弾劾が実現するかのように騒ぎ立てていたが、もともと無理筋であることを指摘した人は少なくなかった。日本のマスコミが他国のことをとやかく言っても始まらない。

日本人の多くは、米国大統領といえば絶対権力者のように思っているが、三権分立が厳しく分けられている米国においては、大統領と言えども行政権を逸脱することはできないことを知らない。
例えば、大統領が立法府の議場に入るには、議長からの招待状がなくては叶わない。
States of the Union(一般教書演説)のときも同様であり、ここで法案の作成を依頼する。

米国民主党はマスコミと一緒になって、大統領を退陣させようとして疑惑を追及したが、そもそも証拠として提示することができるほどのものは殆どなかったから、目論見は大はずれしたということになる。最初からわかっていたことなのである。
上院が民主党で固められていたから否決されたのだというが、有罪無罪を決するための票数差はたったの4票。疑惑が疑惑でなくて事実だと立証されていたら、そうはいかなかった。
その結果がどうなったのかというと、アイオワ州の予備選を見ればわかる。
選挙結果さえ正確に発表できない体たらくで、民主党は大きく支持率を落としたことになる。
候補者が接戦だったことだけが大きく取り上げられているが、投票率は低かったのだという。

米国の情報機関は有名なCIAとFBIだけではない。16もの組織があるのだとされている。
その情報量は、マスコミが束になってかかっても敵うようなものではない。その組織を封じることなど大統領といえども無理であろう。
にもかかわらず、民主党が弾劾裁判に持ち込んだことは、頭から無謀なことだったとしかいえまい。マスコミを頼りにしすぎたのではなかろうか。
結果として民主党は支持率を大幅に落とし、トランプ氏の支持率は逆に大きくあがった。

日本のマスコミも政権批判に躍起となって批判を繰り返すが、無理が過ぎると同様に信を失うのではなかろうか。

フェイクとまでは言わないが、中東に護衛艦を派遣するについても、中東問題の権威と言われる人たちを連れてきていろんな意見を述べさせたが、彼らの言うこととどうも実情は違うのではなかろうかと思える意見を述べられる方が出てきてしまった。
飯山陽(いいやまあかり)さんとおっしゃる イスラム思想研究に携わっている方なのであるが、説得力がまるで違う。その立脚している研究は、中東だけではなく世界中で発生するイスラム教や信徒に関わる事象を分析しているから、生半可な知識では太刀打ちできない。

マスコミには最初から持って行きたい方向があるのかも知れないが、事実に基づき広汎で公平な観点からのニュースを提供しないと、そもそもの存在理由を失う。
人が集まれば一定の割合で反〇〇を叫ぶ人は確かに居る。考え方や意見は個人の自由だしそういうことがあっても不思議はないが、どうも限られた団体や組織の近くに居て、他の大多数の意見とは乖離してしまっていることに気づけていない人たちのように見て取れる。
自分たちが少数意見であることが薄々は判っているからか、より大声を出すことが多いが、人間というものを理解しているならば、大声や過激な言動はドン引きされるのが通常の反応であり、逆効果だと知らねばなるまい。騒いでも賛同者が増えるわけがない。
マスコミの受け売りだけでものをいう一般人たちを操っても、いつまでも頼りになるわけがない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

中国に関する報道は解りにくい

どうにも解りにくいが、報道が一面からしか見ていないものを提供しているのではなかろうか?
中国のやり方がこのところ連続して裏目に出ているように思える。

香港問題然り、台湾問題然り、一帯一路政策から距離を置こうとしている諸国然りである。
隠されたものが多すぎるように感ぜられてならない。一党独裁強権政治に無理があるのだろうか?
新型コロナウイルスに対する対応もまた然りであろう。
初期の感染者が出てから、それを隠蔽しようとしたのではなかろうか?問題が大きくなってしまってからでは遅い。
武漢の市場から始まったといわれているが、初期の段階で、武漢に立ち寄ったことのない人が感染していたという情報もあるようである。そうだとすれば、人から人への感染であったか、或いは何らかの施設から漏れ出したものであったとの推測も成り立つ。
ウイルスの流行原因については、全ての可能性の究明なくしては、対処方法も確立できない。
隠していたから広まってしまったといえる。
WHOの対応も、何か中国の意向をうけたかのように思えてならなかった。
新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた「旅行や貿易を不必要に阻害する」措置は必要ないと言明した テドロス事務局長は、執行理事会で演説し、各国に対し「事実に基づき、整合的な決定」を実施するよう促したのは、つい先日のことであるが、もたもたしている間に感染者が急増してしまった。

米中貿易戦争と呼んでいるものに対する報道もそうである。トランプ大統領一人が先鋭化しているように報道されるが、米国では共和党も民主党も対中国ということでは一致しているのだといわれているが、そういう報道はまずされない。
国際貿易上のルールから逸れるようなやりかたが受け入れられなくなっているから起こったことであり、そうなったら米中ではもう勝負になるまい。中国側が折れるというか改善しなければどうにもならないように思うが、報道されるのは米中対等のようなとらえられ方で、どちらかといえば米国が悪いように聞こえる。本当にそうなのだろうか?

中国がらみで起こる問題は、秘密が多すぎて、根底がどこにあるのかを説明されないことには理解不能だと思うが、中国の内実や問題点に触れることは避けられているように思えてならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

恥を恥とも思わなくなると

「恥を知る」というのは日本文化の根幹にある美徳の一つだと思うが、「恥」という言葉は死語に近くなってしまったようである。
そんなことを言うのは古いというが、決してそんなことはない。人倫の大本にあるものは、ゆるがせにできるものとは違う。

我が国では「恥を知れ」「卑怯未練な振る舞いをするな」「お天道様が見ている」というのが基本的な躾け教育であったと思われるが、それだけで子は立派な成人として育った。
明治時代の親に育てられた大正生まれ世代が居なくなるにつれて、それらの美徳は失われてしまったように思う。
大正時代に誕生した日本人の男子の人口は、合計では1348万人いるのだという。1348万人のうち、約200万人近くが戦死した。つまり、大正世代の人口の7分1の割合の男性が戦死しているということになる。
生き残った人たちが必死に働き、戦後の日本の復興に力を尽くしたのだと思うが、その世代の人たちは同じ日本人から戦争責任を問われ、報われることが少なかったのではなかろうか。
それを無視して顧みないことが、果たして良いといえるだろうか。

「男子の一言金鉄の如し」(男がいったん口に出した言葉は、堅く守って破ることはない。)という言葉は、我々が育った時代までは辛うじて残っていた。
親に怒られて一番こたえたのは「そんなことをして恥ずかしくないのか」といわれること。
一一親が教えるのではなく、自分で考えて反省することができるように、判断そのものまで任されたのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

報道されることだけで判断しがちだが

「言向け和す」という言葉がある。

古事記に出てくる古来からある言葉なのだが、神道関係の本で使われる程度だから、一般的には知られていなくても不思議はない。

「ことむく」(言趣く・言向く)は、ことばで説いて従わせる。転じて、平定する。
「やわす」(和す)は、(1) やわらかにする。(2) やわらげる。平穏にする。
ということであるから、つまりは「人の心を言葉で和らげて平和にする」というような意味になる。

もともと「言向け和す」とは、日本神話で皇祖アマテラス大神が天孫ニニギノミコトを地上に遣わすときに使った言葉。「地上を言向け和して一つにしなさい」と言って降臨させた。
荒ぶる神々や民草を暴力で平定するのではなく、言葉で和して平定しなさい、そして地上を統一しなさいという使命を与えてのことであった。
古事記により伝えられることで知られるその後の2300余年余、ただの一人も「言向け和す」を実現できたことはなかったように思える。
唯一それに近いと思われるのが、出雲王国がヤマト朝廷に国譲りしたことであろうが、これとても完全に説得に応じたのではなく、タケミカヅチとタケミナカタの戦いがあった。

「言向け和す」というその言葉の意味すら探究した人は、今までにいなかったのではなかろうか。
一人だけいたとするそれが、出口王仁三郎だといわれる。

例によって新興宗教は弾圧されたから、王仁三郎は「天皇に反逆した」などと難癖を付けられて、その教えが広まったとは言えないが、実は皇祖が与えた使命に一番忠実だったのが王仁三郎なのであったという人も居る。
それが「言向け和す」をテーマに全81巻の本にまとめられた「霊界物語」なのだというが、まだ読んだことはない。

「言向け和す」とは「他人に何かをして欲しいときに、暴力的な方法で強制するのではなく、双方の和合によって達成させること」と定義づけることができる。これは「戦わなくても世の中を良くできる方法」だとも言える。

世の中には埋もれてしまっている智慧が沢山あるのではなかろうか。
その多くは、マスコミ等によりインチキと決めつけられてしまい、一般人もそれに追随してしまいがちだが、判断基準をどこに置くかというのには素養と見識が求められる。
情報として提供されるものが全て正しいとは言い切れまい。
近くの例では、STAP細胞というのがある。途中までは成功していた研究だったともいわれるが、その全てを抹殺してしまったのは、ニュース記事を読んだだけであって、その研究には全くの素人である民間人の反応だったように思えてならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

なんで長寿番組でいられるのかわからない

昔は討論番組をよく見たが、最近は殆ど見ない。
初期のころは、いろんな視点からいろんな判断や説を導き出し、それが披歴されるのを見ることが新鮮であった。
知らないでいたことを知ることは、人としての喜びでもある。要するに、自分はこの世のことを殆ど知らないのだと、謙虚に悟ることのできる場でもあった。

それがいつとはなくそういうものを観なくなったのにはいくつかの理由があるが、議論というのは相手の説をまず聞いて、互いの論理をすり合わせることがなくしては叶わない。
しかし、そういう番組を見ていると自説を絶対に変えることなく、相手の論理性を攻撃的に否定することしかできない人が多すぎるように思えるのである。議論というのは穏やかに進めてくれないと、見ている側は不快感の方が先に立つ。
甚だしきは、それを調整してとりまとめをする司会者が、自分の考えている持論と違うと、大声で発言中の意見を遮ってしまう番組運びをして平気、という場面が連発される。
そんなのが司会だとすれば、番組の方向性は議論の前から決まっている。即ち、偏るのである。

時代が進み、科学も進み、世の中の常識も変わるのは普通であるが、自分がこれまでに得た知識が最高だとする思考の範疇から抜け出せず、新たな或いは旧来からの考え方を受け入れることができずに頭からそれを否定してしまう狭量さを感じさせることも、番組を見なくなった原因の一つである。
意見を聞いたうえで反論するのならわかるが、捉われているのはイデオロギーが根底にある感情論では、老害としか思えない。
その番組を観なくても、知識を得る方法は昔と違っていくらでもある。

リベラルを標榜する彼らが一様に否定するのは、古いと彼らが一方的に決めつけているもの。
彼らが新しい考えだとするのは何なのか?
彼らこそ古いイデオロギーに捉われているのではないのか?多様性と口ではいうが、他を認めない言動を声高に繰り返すのは、彼らの側のように見える。
伝統として深く定着しているものを否定することはできまい。そういう古き良きものまで否定することも、一部司会者がよくやっている。
自分が身に着けた知識は、まだごく一部であるのだと認識する謙虚さがないと、ものごとは前進させられない。

憲法問題もそうである。憲法はころころ変えてもよいものだとは思わないが、法というのは現実に対応できなくては意味がない。
憲法学者は既定の法の法解釈はするが、将来にわたって必要となってくる改定も含めた法整備について意見を述べることはまずないように思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

女に生まれて幸せだと思う人は居ないのだろうか?

男と女、その区別は生物として生まれついたとき、等しく神?から与えられた性なのだと思う。
その配材は変えようがないとしたら、何らかの意味がある。
とやかく理屈を並べ立ててみても、厳然としてそれはあり、生まれてきたときの運命だとしか思えない。
その特性を認識し、発展させることが大切であることは疑いないと思うのだが、最近は違った方向に議論が導かれているように思えてならない。
セクハラだパワハラだ男女同権だなどなど、確かに軽く見てはいけないことだと思うが、そもそもの違いを真剣に考えることなしに、表面的現象のみをなんとかしようとすると、ギクシャクした関係しか残らない。
人は、関係性の上に成り立つ。だから人間(人関)という言葉が生まれた。どちらか一方で成り立つものではない。
一部政治家が、結婚しないのは女性が名字が変わるのを望まないからだととくとくとして述べているが、それは違うのだと思う。
男性が女性を愛しいと思うよりも面倒なものだと思うようになったことの方が原因として大きいように感じられてならない。
周りには、結婚したがらない男性の方が、結婚したい女性より多いように見受けられる。
「手鍋提げても」という言葉はもはや死語と化した。ともに無一文からでも幸せな家庭を築いていこうと覚悟することがなくなってしまったからだと思うのだが、違うだろうか?

世の中の仕組みに足りないと思うものを、段々に改善していくのは良いことだと思うが、在るものに感謝することがその背景にはなくてはならない。
攻撃的な姿勢でものごとを主張する前に、考えねばならないことなのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html

信仰はしなくても信心はある

巫祝(ふしゅく)とは、神事をつかさどる者のこと。
国の大事に関して祈り、神と諮ることができるのは、日本では天皇しかいない。オカルトだの何だの言ったって、事実であれば仕方がない。
政治的な王の地位を狙ったと思える者も過去には居たように思えるが、いずれも巫祝の能力が伴わないことで諦めざるを得なかった。
例えば藤原氏(その先祖は中臣の鎌足であるが、出自が判然としていない)も、次々に有力豪族を追いやり、菅原道真も九州に左遷するところまでは成功したが、怨霊と化した道真により、藤原家の中核をなしていた3人が次々に変死を遂げたことで潰えた。

その怨霊を鎮めたのは天皇である。科学的でないと言い張っても、科学では判らないことも多い。
その後も、足利や織田も色気を見せたようだが叶わなかった。

それでも歴史上、天皇家が政治の中心に居た時代は少なかったのではなかろうか?
政治と巫祝で住み分け統治したことが、長い歴史を刻んでこれた要因のように感じる。
「世襲で地位を継いでいいのか?」などと言うのは、マルクス史観による発想なのだろうが、彼らの主張したものがうまくいっている事例は世界中探してもあるまい。

日本列島は火山のマグマが縦走していることもあってか、ユーラシア大陸や朝鮮半島の国々とは違って、土地に神性を感じ取っている民族なのではなかろうか。
建造物をその上につくるとなると地鎮祭を行ってその土地の神に祈るが、誰もそれに異を唱えることはない。
科学が発達した現代においても、日本人は疑いもしないでそれを行う。世界中で日本だけではないだろうか。
迷信ではなくて、民族が培った叡智なのだとしか思えない。

日本人は信仰はしないが信心はするといわれるが、「神」を感じ取る強い力が一人一人にあるからだと思えてならない。
他国の神様であっても他国人の墓であっても、そこを通る日本人が頭を下げたり手を合わせたりしているのを見て誰も違和感を覚えることがないのも、そういう神への感性が備わっているからなのだと思う。
神というか、人知を超えた何か偉大な力を否定することはできない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218


童話 「トイレの神様」・「お祖父ちゃんの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/natsukazakosino530.html
プロフィール

AA3TAKE◎小さな気づきから

Author:AA3TAKE◎小さな気づきから
 
 生きているだけで価値があるのだとも言われますが、この世に生まれた甲斐は、幸せになるということのはず。

 幸せは、顔をそちらに向けねば気づかぬままに通り過ぎてしまいがちだから、これからは努めてよきことを数えてみようと思っています。
心と体が健康であってこそ、正しく美しい気づきが得られ幸せに導かれる。
普段が楽しくあらねばならないのだと思います。

フリーエリア


自分でもできる墓石クリーニング
  成功する人は皆、潜在意識の使い方がうまいのだといわれています。
自分をとりまく動きが全ての場面で変わってくるというインパクトを持ったきっかけとなるのが、墓石クリーニング。
 運が悪いだのツキがないだの言ってるだけで、自分では何もしないのでは、どうにもならないということだけは確かなことです。

bosekibanar5 
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
血糖値・糖尿病に「紅菊芋パウダー」
蜂蜜・プロポリス専門店
40万人が禁煙に成功
痛くない脱毛器
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご案内
フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご連絡は、こちらから
お問い合わせや、情報交換etc.

名前:
メール:
件名:
本文: