お不動さん

歌舞伎の市川團十郎といえば、「成田屋」が屋号。市川家は、成田山新勝寺近くの出なのだという。成田山の不動明王の「睨み」がお家芸とされている。

明王とは、仏像を分ける時に使う言葉で、如来、菩薩、の次の分類名になります。
如来が通常の姿でいたのではいうことを聞かない衆生がいたら、屈伏させることを目的に、忿怒の姿に変身したものが明王で、密教の尊像とされる。
大日如来の命を奉じ、非常に強い力を持ち、悪を打ち挫き仏法を守る存在との意味付けがされている。

火生三昧という炎の世界に住んでいて、人間界の煩悩や欲望が仏の世界に波及しないよう、聖なる炎で焼き尽くすと言われています。

不動には、五大明王と呼ばれる「不動明王」・「愛染明王」・「孔雀明王」・「烏枢沙摩明王」・「降三世明王」などがいて、おのおのその働きがわかれている。

目黒や目白は有名であるが、東京には、五色不動というのがある。
目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動の五つである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

もう鳴き始めたが

この暑さが続いているというのに、夜にはコオロギが鳴いている。どうなっているんだろう?
日本語で「泣く」という語に関連するものには、鳴く・啼く・哭くなどの文字が思い浮かぶ。

漢字で書けばそうだが、言葉の音だけで言えば「なく」という一語だけである。
動物や虫が鳴くのもそうであるが、大抵は副詞がついて、どんな泣き方なのかが説明される。
わんわん(人間)・ワンワン(犬)・ニャアニャア・チュンチュン・カァーカァー・リンリン等々。

英語で泣くを表現するものには、 cry / weep / sob / wail / whimper / shed tears などの表現があり、それぞれ意味が違う。すなわち「泣く」を表す動詞の数は多いように感じる。

動物の名前なども、日本語では子牛・雄牛・雌牛・野牛などのように、本体が牛であるなら一語つけるだけで整理できるが、英語はcow, beef, cattle, bull, ox, calfなど様々な表現があります。
名詞も数が多いということになる。
どちらが良いのかは判らないが、論理的に考えるときには本体が何であるのかが解っていたほうがよさそうに思える。
では、語彙数はどちらが多いのかというと、日本語の数が少ないということではなさそうだから、言葉というのは単純には比べられない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

民度は1日にして成らず

世界の陸地面積は、およそ1億4千7百24万4千平方キロメートル。人口は70億人と言われている。
その中にあって日本の国土面積は37万平方キロメートル(0.25パーセント)、人口は1億2千300万人(1.75パーセント)に過ぎない。資源も決して豊富ではない。
それでいて西欧列強は、諸外国との交易を断っていた極東の島国である日本を、支配して植民地化することはできなかった。
しかも鎖国を解いてほんの数十年で、世界の3大強国である米・中・露と戦争をしたのである。そんな国は日本以外にはない。
アメリカには負けたが、その他の国と戦って敗れたことはない。
敗戦により壊滅的な打撃を受けて焼け野原と化した国が、半世紀も経たないうちに、戦勝国をしり目にまたまた世界の経済大国として躍り出てしまったのである。
その原動力となったのは一体何なのだろうか。

一つには教育というものがありそうである。学校での勉強というもののことではない。
万葉集というのがあるが、それに収録されている和歌は、貴族など上流階級のものばかりではない。他国でなら下層階級の扱いしか受けないであろう身分の者の歌も多数含まれているのである。即ち、身分は低くても文字が読み書きでき、その携わっている仕事も認められていたということになる。体を使い額に汗する仕事をする人も、手足を使い物を造り出す技術をもつ職人も、決して軽んぜられるようなことはなかった。
上に立つ者が、民と共に汗をかくことを厭うようなこともなかった。

こういう土壌がないと、技能が伝統として継続進化する文化は育たない。家業として受け継がれることなく廃れてしまうものが出なかったことで培われた底力というのも大きいに違いない。
何をするにも継続されていることで育った基礎力というものがあった。

それでも及ばないものがあれば素直に学び、それをより良いものに改善する努力を惜しまなかった。
しかもそれらは、自分さえ良ければという発想には結びつかず、人々の役に立つことをするのが喜びであった。
そればかりではなく、他人の技術をパクッて、それで得をした気分になるようなことを潔しとしない民度があった。自分が研鑽することで感じるものが、他人の努力を認め敬うことができたからであろう。
恥になることや他人に迷惑をかけることなく、公のために尽くすということが自然にできるのが、誰に言われなくとも身に染みついていた民族であったからだと思えてならない。

目先の損得ばかりを教える親が増えてきていないだろうか?地道な努力で基礎力をつけておかなければ、その場凌ぎはできても長持ちはしない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

結構解りやすいと思う和製英語

和製英語というのがある。日本では通用するが、外国では通じないのだとされている。
ガソリンスタンド gas station
ベビーカー baby carriage
キーホルダー key ring
イメージガール promotional model
チェンジレバー gearshift
Etc.etc.沢山あるが、英語圏では本当に通じないのだろうか。

しかしながら、これは意外に便利だということで研究している外国人学者が居るのだとか。
雄鶏をcock 又はrooster、牝鶏をhen 、雄牛をbull、雌牛をcow、子牛をcalf と言う風に名付けるより、日本語風に分類する方が便利だし解りやすいともいうようである。
言語というのは文化に根差しているからそれぞれに違いがあって当然であろうが、グローバル化していく世界では変わっていくのかもしれない。

双方に、どうしても適当な訳語がなくて、そのまま使う例も増えているという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

どうやって外国の情報を得ていたのだろうか

推古天皇の摂政であった聖徳太子が、隋の皇帝である「煬帝」に宛て、遣隋使である小野妹子に持たせた国書、「日出る処の天子 書を日没する処の天子に致す 恙なきや」というのが、煬帝を怒らせたという歴史を、学校で習ったことがある。
「日没する処の」という文言が怒りを買ったという説明だったように思うが、煬帝が単なる地理的なことからくる太陽の動きを解からないはずがないから、そんなことで怒ったのではあるまい。

いずれにしても、中国の文化を学ぼうとしている時に、相手を怒らせてどうする、ということが力点であった。
しかし、遣隋使はその後も続いたことから見ても、怒りはしたが日本の立場を容認するしかなかったということになる。
聖徳太子の狙いは、中国の王しか使えないとしていた「皇」の字を、日本も「天皇」と使うことで、対等の国であると認めさせることにあった。
中国近辺の国は、中国の冊封政策に組み入れられ、朝貢することで王として封ぜられる属国扱いの時代であったから、かなり思い切った国書であった。
しかし、当時の隋は朝鮮半島の国との軋轢を抱えていたから、日本まで敵にすることはできないであろうとする、聖徳太子の的確な読みがあったのだという。

豊臣秀吉の朝鮮出兵は愚かなことであったとも習った。
本当にそうだったのだろうか?
当時はポルトガルが世界に覇を唱え、東南アジア諸国を植民地化していた時代である。
宣教師を先兵として送り込み、人心を攪乱して後に乗り込んで征服するという手法は秀吉に見破られていた。
手つかずでいた中国と朝鮮半島がもしも植民地化されたら日本が危うくなる。
先手を打ってここに強大な軍事力で楔を打ち込めば、敵の狙いは潰える。
そこで見せた軍事力は、ポルトガルを畏怖させるに十分であった。
これが彼らの拠点であるルソンに向けられたらひとたまりもない。
侵略を諦めさせる結果は確実に得られたのだと思う。

それにしても、そんな昔にどうやって国際情勢を読むことができたのだろう?
我々が思っている以上に、情報収集能力を持っていたのだと思えるのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

戦犯国などという言葉はないのだが

論理的思考の原点が欠如していると、変な言葉を創り出しても、それが変だと感じることができなくなる。当然のことながら論理矛盾に気づけないから、治ることには期待できない。
例えば、サッカーの試合で、未だに「戦犯国」だとか「戦犯旗」などと韓国人が口にする言葉。
敗戦国という言葉はあるし、確かに日本は敗戦国といえるであろう。しかし、戦犯国などではない。戦争は、極端な方をすれば、国際法上は違法とされていない。
敗戦国と呼ぶなら正しいとしても、それを言うなら韓国もそうなのだと理解することすらできないくらい、彼らの脳内回路は痛んでしまっているらしい。
日本軍と実際に戦火を交えた旧連合国の中で、日本国を指して「戦犯国」とか「戦犯国民」などと呼んでいる国はない。唯一、旧連合国とは無関係な韓国人だけがそう呼んで、日本を嘲笑して憚らない。しかし、哀れなことに韓国は戦勝国ではない。気の毒だが、如何に偉そうなことをいったとしても韓国は戦争で勝ったということが一度もない国である。
そもそも、まず「戦争犯罪」とは何なのだろうかということを考えられなくては、論理が組み立てられまい。
戦争犯罪とは、具体例をあげれば、戦場における市民の虐殺、毒ガスの使用、捕虜の虐待などを意味する。戦争にはハーグ条約やジュネーヴ条約などで予め定められた国際的なルールがあって、それに違反する行為が戦争犯罪に該当する。
日本が日中戦争や太平洋戦争等で戦争犯罪を行った事実はあり得たであろうが、同様な犯罪は戦勝国側にもあったのであり、同じように当時の連合国もまた「戦犯」の責を免れないことは当然である。しかし、この点で相互主義や平等性の原則が適応されなかった極東軍事裁判のアンフェアさは指摘しておく必要がある。
ただ、敗けた側が一方的に責めを負わされるのは致し方ない。それが戦争というものである。
そういう意味でも、当時の朝鮮人(韓国人)は、日本軍の戦争犯罪側にいたのである。
将校クラスも少なからずいて、兵士に命令する立場だったから、「当事者」だったといえる。次に、捕虜収容所の監視員として、多数の連合軍捕虜を虐待したともいわれる。韓国人のBC項戦犯148名のうち、大半はこの監視員である。彼らは強制徴用されたわけではなく、すべて志願だ。つまり、連合国史観によれば彼ら自身が“戦犯”と認定された身である。
終戦後、韓国は必死になって連合国側の一員であったとしてくれと泣きついたが、にべもなく拒否されたというのが歴史事実である。韓国も紛れもない敗戦国なのである。
それにも増して、戦争犯罪というなら韓国がベトナムで行った戦争犯罪は、20世紀後半では最悪の一つに数えられる。
地上戦での虐殺、無差別爆撃、化学兵器の使用などで、一説には200万人くらいのベトナム人市民や農民が虐殺されたと言われている。そのうち、のべ32万を派兵した韓国が犯したのが地上戦での虐殺である。韓国軍は次々と農村を殲滅していったが、その特徴は女性や子供などを嬲り殺すという異常なほど残虐なものだったという。
そういうことには口を拭って、日本を「戦犯国」などと呼んで恥じない思考回路というのは、どこからきているのであろう。

旭日旗についてもそうである。韓国以外の諸外国は、旭日旗に敬意を払っているし、その使用について廃止を求めたりしていない。だとしたら韓国の考え方がおかしいのだとの疑問をなぜ持たないのだろうか?
慰安婦についても同様であろう。当時の韓国の人口は約2300万人であり、そこから20万人も強制連行したら大暴動が起こっても不思議ではない。韓国の男が全て腰抜けであったと認めるならまだしも、そんなわけはあるまい。
1件も連行を阻止しようとする暴動がなかったとしたら、強制連行などというものはなかったのだと考えるのが論理的思考というものである。
論理矛盾を越えてしまう感情的暴走を優先させてしまう国情では、事実を解明するような学問は無理ということになる。即ち孤立する道を選ぶしかないということになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

職人と客

着物一枚帯三本といわれる。着物が一枚しかなくても、違った雰囲気の帯が3本あれば、3枚着物を持っているのと同じくらい、着こなしの幅があるという意味で使われるようだが、そればかりではあるまい。
日本の職人というのは、自らの技量を高め、使う人のことを考えて仕事をした結果なのだと思う。
職人が成してきた仕事に関連して、一・二・三のように数字を振るものが多い。

昔から、茶道を嗜む人たちが「一楽二萩三唐津」と呼んで、茶碗の中で特に好まれたのが、楽焼・萩焼・唐津焼であると言われています。

楽、萩、唐津とも400年以上の歴史を持ち、その時代時代の要望に応えた変化をしながらも、伝統の技術を守る職人の努力によって、実用品としてばかりではなく、芸術品としての域にまで、その価値を高めてきた。

楽茶碗は、ご存知の通り、わび茶の世界を完成させた千利休が創案し、楽家の初祖の長次郎に茶碗を作らせたのが始まりであるとされる。
ろくろを使わず、手で捏ねて成形し、ヘラで削って形を整えます。
釉薬の色は黒(黒楽)と赤(赤楽)があります。

萩焼は、山口県萩市を産地とする焼き物で、初代は坂高麗左衛門。
朝鮮の役に参加した毛利輝元が朝鮮から連れて帰り、その後帰化した人である。
そのため萩焼は、土味、素地の景色、釉薬など、古い朝鮮茶碗と大変に似ているのだとされる。
一般に口が開き、高台に向けてすぼまるすり鉢のような井戸形の茶碗が多く、絵も付けないため、非常にシンプルな形状の茶碗である。
萩役の釉薬は土よりも縮み方が大きいため、貫入とよばれるひびが入っているのが特徴。
使いこむと、そのヒビに茶が染み込んで独特の景色を生み出し、味わい深く変化していくことから、これを、『萩の七化け』と呼び、茶人は珍重した。

唐津焼は佐賀県唐津市界隈で生産される焼物です。
16世紀後半にはこの地域に窯が築かれ、朝鮮半島への出兵後に、朝鮮半島から同行してきた陶工たちが、祖国の技術を伝えたと言われている。
花鳥、草木などの絵付けされたものを絵唐津と呼びますが、土色の器肌と素朴で伸びやかな絵柄の茶碗は独特の雰囲気を生み出し、古くから茶人に好まれた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

自然を守るためのバランス

地球環境が危機的状況だということで、それは森林保護運動にもつながった。
森林破壊が進んでいる、だから自然保護をもっと行わなくてはならない。緑を大切にしなくてはいけない。
緑を求め開発を弾劾する声は絶えないし、おそらく、これらの意見に正面切って反対する人はいないだろう。
しかし、同時にこれらの風潮に何かうさん臭さを感じている人もいるのではないか。
一時期、「マイ箸運動」というのが流行った。使い捨ての割り箸は、木材の無駄遣いだからというので、正義の味方を標榜する人たちは自前の箸を携行した。
割り箸は間伐材を利用するものであり、間伐が山林を守るのだということを理解している人は殆どいなかった。
山を守るということは、木を伐らないということと同一ではあるまい。
きれいごとのスローガンに安易に乗ってしまったということなのであろう。

結果として日本の林業は衰え、山林が荒れるにまかされるようになったように思えてならない。
計画的に植林と伐採により保たれていた山林の樹木はそのサイクルが乱れ、杉などが増えすぎて、花粉症の原因となっているのではなかろうか。
日本の樹木を伐るのは罷りならぬというので、海外からの輸入に切り替えたというのでは、本末転倒で身勝手が過ぎるように思えてならない。
手入れされていない山は、颱風などによる大雨で崩れる可能性が高いように思える。

田圃もそうである。
コメ余りだとかいうことで、極端な減反政策が続いた。
長く放置された田んぼには樹木が根を張り、田んぼの底を抜いてしまった。田としての機能が壊れてしまったということである。
田圃の持つ保水能力が洪水を防いでいたのだと思えなくもないが、壊れてしまった田圃を今から取り戻すのは容易ではあるまい。

自然保護は大事だが、ウソっぽいものも多い。でも「絶対の正義」としてふりかざされる自然礼讃の意見に反論できないでいる間に、事態は進んでしまう。
だが、胡散臭さを感じたら、思い切ってそもそも主張が間違っているからだと考えてみてはどうだろうか。
本質がどこにあるのかを自分でも考えて判断するようにしてみる。付和雷同して尻馬に乗るだけですまさないようにすることで、バランスのとれた考え方になるように思える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

防災インフラは必要経費

文明というのは、大きな川の周りから発展したという歴史がある。
田畑を拓き、住み着く人が増え、村ができ町になるにつれ、道を広げ堤防を造り、自然災害への備えをするようになる。
インフラの整備というのは、そもそもがそういうものであろう。
原始の時代ならいざしらず、国家百年の大計に立てば、それを無視するわけにはいかない。
但し、そのためには莫大な費用が必党になるのは当然である。
そのための予算が無駄であるとし、コンクリートから人へという耳障りのよいスローガンで、極端な方針転換をしてしまったことは、取り返しのつかない事態を招いた一因となっていないだろうか?インフラの整備は、継続していくことが大事なのである。
災害というのは、起こらなかったらそれを可として喜ぶのであり、起こらなかったことをもってそれにかけた費用を無駄だとするようなことではない。
予算というものは一旦落としてしまうと、それを復活させるのは容易ではない。
目先の損得で判断すると、将来に禍根を残す。

今回の想定外の雨量により起こった災害だって、備えというものを継続して積み重ねてきていたら、ある程度は軽減できたかもしれない。
いずれにしても、起これば甚大な被害を及ぼす災害への備えは、時間がかかったとしても、継続してやっていかなければならないことであることは間違いない。

公共事業というのを目の敵にした時期があったことで、土木建築に携わる技術者は転職のやむなきに至り、他職への流失を招いた。呼び戻すことは難しい。
なんでも廃止するということは、弊害が伴うのだということも考慮しないと、そうなる。

それらの技術は、一朝一夕で身につくものではなく、先輩からの指導の下、長い経験を積むことで培われる。この技術をかってのように復活するのは並大抵のことではあるまいが、政権が替わったことで予算が付くようになったことは良かったと思える。
談合や癒着が疑われることのないように、適正で効果的な工事が進展することを願ってやまない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年7月2日、第12部まで書き終えました。一応の区切りとしたい。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

医者だって言うことが変わる

納豆が体に悪いとか、バナナは血糖値を上げるから良くないとか、最近までは言っていた。
極めつけは歳をとってからの肉食で、絶対に慎むべきだといわれていたが、これも最近になって覆り、積極的に摂るべきだというようになった。
炭水化物や動物性脂肪の摂取についても、摂れとか摂るなとかテレビの健康番組に出てくる医者ごとに言うことが違うから、どれを信じてよいやら困る。

先日気の合う仲間の集まる親睦会があったのだが、一人が定刻になっても来ていないので、電話してみた。すると、行く先が判らなくなってしまったのでタクシーに乗って自宅に帰ろうとしているところだという。そこで、運転手さんに替わって貰って場所を説明し、帰り道は私が一緒するので心配しないで来てくれと言ったところ、少し遅れはしたが喜んで会場に現れた。
皆に会って話をしたいということはその通りであった。
彼が言うのに、少しボケがきているとの自覚があるので薬を飲んでいるのだが、今まで1錠であったのを3錠にしてみましょうという医者の奨めに従ってそうしたら、わけがわからなくなってしまったのだということであった。
いかに何でも、急に3倍量に増やすのは無いんじゃないだろうか。

同席していた80歳過ぎの長老が「私の兄が7年前に癌にかかり、余命1年だと宣告されたのだが生き延びて、3年前に言われたのは、癌は全て消えてしまった。」とのことであった。
その後なんの問題もなく過ごしていて、急に入院することになった前日まで車を運転していて平気だったのだが、入院するや1日で死んでしまった。全身に転移していてどうにもならなかった。」と医者は言ったらしい。

そりゃないだろうと、心底憤慨したとの話しであった。医者の何を信じろというのか、という意味である。
自分もいろいろ医者が病名をつけ、毎日9種類の薬を飲むことになっているが、どこまで信じていいかわからないと言いながら元気に笑っていた。
錠剤というのは大抵が硝酸塩基であろうから、多量の服薬が肝臓や腎臓に影響を及ぼさないだろうかと気にかかる。

「ところで貴方は薬を飲んでいないのか?」と聞くから「お蔭さまで何の薬のお世話にもなっていません。」と答えたところ、「でも顔色を見ると血圧は高そうだが?」と、さらに聞かれたので「ええ、160くらいです。」と平気な顔で応じたところ、同席していた人たちが異口同音に「そりゃ高いんじゃないのか?」と心配してくれた。
そこで、「そうですよね。つい最近までは130以上は高血圧と言ってましたよね。でも近頃はそれが147以上と、医者がいつの間にか言うように変わっちゃって。それよりなにより医者の言う血圧まで下げるとかえって具合が悪くなってしまうので、私にはこれ位が丁度いいんです。」と説明した。
血圧だって個人差があるのではなかろうか?

医者がいなくては治せない病気というのは確かにあるが、言うことがころころ変わるというのは勘弁してほしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、書き始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進め、2018年3月19日、第11部まで書き終えました。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」・「狐のお嫁さん」・「花を摘んでいた少女」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
プロフィール

AA3TAKE◎小さな気づきから

Author:AA3TAKE◎小さな気づきから
 
 生きているだけで価値があるのだとも言われますが、この世に生まれた甲斐は、幸せになるということのはず。

 幸せは、顔をそちらに向けねば気づかぬままに通り過ぎてしまいがちだから、これからは努めてよきことを数えてみようと思っています。
心と体が健康であってこそ、正しく美しい気づきが得られ幸せに導かれる。
普段が楽しくあらねばならないのだと思います。

フリーエリア


自分でもできる墓石クリーニング
  成功する人は皆、潜在意識の使い方がうまいのだといわれています。
自分をとりまく動きが全ての場面で変わってくるというインパクトを持ったきっかけとなるのが、墓石クリーニング。
 運が悪いだのツキがないだの言ってるだけで、自分では何もしないのでは、どうにもならないということだけは確かなことです。

bosekibanar5 
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
血糖値・糖尿病に「紅菊芋パウダー」
蜂蜜・プロポリス専門店
40万人が禁煙に成功
痛くない脱毛器
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご案内
フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご連絡は、こちらから
お問い合わせや、情報交換etc.

名前:
メール:
件名:
本文: