FC2ブログ

イメージダウンを誘う表情

口を尖らせるという表現がある。
それが意味するところは、 怒ったり、言い争ったりするときにくちびるを前に出して尖らせることからきていて、不満を顔つきに表す様子のことである。
TVに映し出される某国の大統領の演説を見ていると、このような物言いをしていたら、反感を招くような結果にしか繋がらないのではないかと思ってしまう。
あながち言語的特性があってそういう口つきになるのではなさそうである。
なんとなれば、他の同国人が喋るのを見るとき、そんな表情をしてはいないからである。
顔つきに文句をつけようということではない。
ただ、真意を伝えようとするときには、表情と語調は大事なのではないかと思うのである。

韓国のソウルとプサンの市長選が行われ、ともに与党側が大敗した。
こうなると、大統領としては反日策を強めて失地回復に躍起になる事は目に見えている。
もっとも、野党側だって基本的に反日だから、どっちでも同じだが、それで国がうまく行くとは思えない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
「遺された難所 疎にして越え難きもの」
https://kakuyomu.jp/works/16816452218414122553/episodes/16816452218414238883
スポンサーサイト



軍事力を背景にしすぎる

中国の王毅外相が日本の茂木外相との電話会談で「日本は大国の対決に関わるな」と、例によって脅しまがいのことを並べ立てたようである。
日本が中国から遠ざかるのは、国益上どうしても避けたいということか?
しかし、世界各国間の関係は、経済だけで成り立っているわけではない。
その前段階に安全保障というものがある。
経済圏として大きいから、各国は中国との商取引での利益ばかり優先した結果、その利益を軍事費の増強に向けてきた中国の戦狼外交の前に後退を余儀なくさせられている状況がある。
自由で開かれた太平洋という価値観を共有する国々がクワッドを形成しなくてはならないのは当然の流れではないのか?
国連も大して役に立たず、世界中で紛争の種がつきないが、これらの背景には拒否権をもつ常任理事国の思惑が常にあるから、利害関係が錯綜して収拾がつかない。
世界193か国の国々のなかには、中国の札束攻勢で抱き込まれてしまっているように見える国もある。
軍事力を恐れて好き勝手にさせていては、平和は保てない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
「遺された難所 疎にして越え難きもの」
https://kakuyomu.jp/works/16816452218414122553/episodes/16816452218414238883

1000年以上も続いた野蛮な遊び

「印地打ち」、「小石打合」、「向い礫」。日本でも昔の戦争では、石は武器であった。
敵味方に分かれた人員が、離れた相手陣営に対して緒戦では小石(礫)を投げ合うが、素手で投げるだけではなく、投石器や竹の棒を使って、より強力により遠くに投げる工夫も行われていた。
その後、戦だけではなく、遊びにも影響した。
『日本三大実録』には元慶5年(881年)に子供らが京の一条で大規模な合戦ごっこをやったと記載されているが、これが石合戦であろうと推測されている。以降も石合戦は記録され、少し下る鎌倉時代初期の『源平盛衰記』などにも記述があるという。
子供たちが行っていたが、大人が加わることもあり、頑丈な石を投げ合うため死亡者・負傷者が出る事も少なくなく、大規模な喧嘩に発展することも多かった。そのため鎌倉幕府3代執権北条泰時などは、「向い飛礫」遊びを禁止する条例を発布した。

朝鮮では、この遊びがかなり遅くまで続いた。投石戦は高句麗時代から存在していたとされており、当初は国家行事的な扱いを受けることもあったらしい。
朝鮮時代には、正月や端午の日に行われた遊びとして残っていた。ソクチョン(石戦)は、その名の通り石を投げ合い戦う遊びであり、村と村が野原や川を挟んで戦った。勝負は一方が降伏するまで続けられるため何日間も続く場合もあったという。
死傷者が多数出る危険な遊びだったが、王朝は民の命など重要視しないで、見物するのを楽しむ王侯貴族が居たためか、日本が韓国を併合した1910年に禁止されるまで続いていたが、その後は行われていない。
韓国では日帝が石戦が反日運動に使われるのを恐れたから禁止したのだという評価らしいが、そんなに自慢な文化だというのなら復活させてみればよい。野蛮なことこの上ないではないか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
「遺された難所 疎にして越え難きもの」
https://kakuyomu.jp/works/16816452218414122553/episodes/16816452218414238883

着任に問題が有り過ぎなのでは?

国際法上の慣習を無視して赴任してきた韓国のカンチャンイル氏は、アグレマンどころか信任状奉呈式まで勝手に延期した。
「アグレマン」は、(仏語「Agrément」で承認・同意の意。英語の「agreement」)とは、相手国の派遣する大使に最高水準の外交官特権の付与が相応しいか否かを審査するものである。
外交官特権を悪用して国内で犯罪や反国家的言動を犯しうる人物を拒絶出来る主権国家としての権利でもある。 通常、相手国のアグレマン承認がなされるまでは、大使人事と言うものは非公開とされ、万が一マスメディア等に情報が流出してもノーコメントと言うのが国際的な慣例である。 つまりアグレマン承認すると言うのは、日本国家が少なくとも最高水準の外交官特権を与えて、自国で大使として受け入れるのに相応しい人物だと承認したことを意味する。
日本政府が彼のアグレマン承認に躊躇したのは、以下のような反日的な言動を見せてきたとされている。
(1) 2011年5月、日本の許可無く北方領土「国後島」を訪問して、ロシアの領有権を支持した。
(2) 国会議員として日本の右翼人物だと見なした日本人のリストを作成して、韓国への入国禁止を法務部(法務省)の出入国管理担当部署に求めた。
(3) 2015年末、朴槿恵政権での慰安婦合意の無効化を強く主張した。
(4) その際に天皇を「日王」呼ばわりし、かつてのイ・ミョンバク(李明博)元大統領の如く、跪いて謝罪しろと要求した。
(5) 2019年2月、韓日議員連盟会長として訪日した際に重ねて天皇への謝罪要求と共に、天皇は戦争犯罪の主犯だと韓国人は見なしていると主張した。
(6) 2019年7月、その直前に日本政府が行った輸出規制(韓国からみると経済制裁)について日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA:General Security of Military Information Agreement)の破棄を主張した。

信任状さえ奉呈できていない大使が、外務大臣や総理大臣と面会できるわけがない。
外交活動だって正式にはできないのではないのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
「遺された難所 疎にして越え難きもの」
https://kakuyomu.jp/works/16816452218414122553/episodes/16816452218414238883

他国の学校に金を出せ?

世界中で紛争が絶えず、人権問題も大きく取り上げているというのに、国連というのがそれに対して有効な活動をしているとはとても思えない。
それなのに、国連の「子どもの権利委員会」は、朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の指導の元に運営されている各種学校の「朝鮮学校」が、日本で高校授業料の無償化の対象外になっていることについて、「ほかの外国人学校と同じように扱われるべきだ」として日本政府に見直しを勧告したという。
「子どもの権利委員会」は国連総会で採択された「子どもの権利条約」のもと、各国の子どもの人権状況を審査していて、7日、スイスのジュネーブで記者会見し、日本政府に対して「朝鮮学校」への対応を見直すよう勧告した。
日本政府は2010年、生徒一人あたり年間12万~24万円を支援する高校授業料の無償化制度を導入したが、「朝鮮学校」については授業料以外に転用される可能性があるとして無償化の対象外としている。日本の各種学校だって、無償化されてはいまい。
日本国内で反日教育をする学校に、何で税金を使わなくてはならないというのか?
勧告に法的な拘束力はないが、委員会は次の審査までに日本政府に対応を報告するよう求めている。
これこそ、内政干渉そのものではないか。国連は拉致問題を解決することの方が先ではないのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 「夏風越の(なつかざこしの)」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887709936/episodes/1177354054887713218
「鵯越え」・・・・「夏風越の)」の続編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054935239046/episodes/1177354054935239209
「くぬぎ越え」・・・「夏風越の)」の続々編です
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954452867/episodes/1177354054954453601
「遺された難所 疎にして越え難きもの」
https://kakuyomu.jp/works/16816452218414122553/episodes/16816452218414238883
プロフィール

AA3TAKE◎小さな気づきから

Author:AA3TAKE◎小さな気づきから
 
 生きているだけで価値があるのだとも言われますが、この世に生まれた甲斐は、幸せになるということのはず。

 幸せは、顔をそちらに向けねば気づかぬままに通り過ぎてしまいがちだから、これからは努めてよきことを数えてみようと思っています。
心と体が健康であってこそ、正しく美しい気づきが得られ幸せに導かれる。
普段が楽しくあらねばならないのだと思います。

フリーエリア


自分でもできる墓石クリーニング
  成功する人は皆、潜在意識の使い方がうまいのだといわれています。
自分をとりまく動きが全ての場面で変わってくるというインパクトを持ったきっかけとなるのが、墓石クリーニング。
 運が悪いだのツキがないだの言ってるだけで、自分では何もしないのでは、どうにもならないということだけは確かなことです。

bosekibanar5 
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
血糖値・糖尿病に「紅菊芋パウダー」
蜂蜜・プロポリス専門店
40万人が禁煙に成功
痛くない脱毛器
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご案内
フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご連絡は、こちらから
お問い合わせや、情報交換etc.

名前:
メール:
件名:
本文: