FC2ブログ

聞くことができる耳

hika4swb

 聞くということには、いろんな表現がある。
 聞き上手、聞き耳をたてる、聞く耳を持たない(或いは持つ)等々。

 それは聞いたことがある。それを知っている。それがわかっている。
それをそのようにできる。
 聞いたことでも、それには段階がいろいろある。

 ありがたい助言や指導であっても、それを素直に聞いて「ありがとうございます。」と感謝できるのと、無視したり反発したりするのとでは、その後に大きな差がでてくる。
 ものを言いにくい人に対しては、親身になって援助したり出世させようとしたりはしなくなるのが世の常なのであるが、変な沽券や拘りや意地にとらわれて、自らの精神性を高めようとしない人のいかに多いことか。

 聞き取る力、指導され力を育てないと、人だって神様だって同じことで、この人には「なにを言ってもしょうがないから、自分で気づくようになるまで放っておこう。」となっているに違いない。

 いろんなシグナルに気づいて幸せを引き寄せるのには、力んでいては難しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
 運をあげたり、ツキを呼ぶためには潜在意識に働きかけねばならないといわれます。
クリーニングすることで、きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************
スポンサーサイト



自分が知っていることだから

hika1swb

 手詰まり感を覚えたら、それは今のやり方ではならぬというサインが来ているということ。
 普段つかっている言葉は、「有難うございます。」という感謝の心に通じていなくて、ついつい不平不満愚痴が多くなっているということはないだろうか?

 言葉というものは不思議なもので、口にしたことを良いことも悪いこともその通りに具現してしまう力を持っているらしい。
 行動も同様で、やり方を変えないと「今のままでは何もかわりませんよ。」ということに違いない。

 ところが、これがなかなか難しい。
 簡単にできるのなら、そうしたいと思っても、刷り込まれてしまった習慣はなかなか軌道修正がきかない。
 思い方を入れ替えてしまうということが必要なのかもしれません。

 日本には昔から正月という行事があります。
 思うに、この1年の諸々をリセットして、「すべてをチャラにしたところから始めても宜しい。」という許しの行事なのではないだろうか。
 但し、その代わりに精進潔斎して身近な先祖や神様に感謝しなさい!ということにはなる。

 自分を自分で許すのだから、ちゃんと言葉に出さなければならない。
 その決意の表れとしてお参りしたり、お賽銭をあげたりするのだろうけれど、それがいい加減だと、自分がそのことを一番よくわかっているから、運の変わりようがない。

 断っておくが、お賽銭の多寡のことを言っているのではない。
 そこにかかわる時間のことを言っているのです。
 時間をかけて対話していると、「大丈夫、絶対大丈夫!」と思える瞬間がくるというのだが、ただ時間だけを使ってその場にいるのは難しい。
 無心になってクリーニングをしていて、ご先祖様に対し自分が納得できる行いをしたと思えたとき、そこに繋がるのだと聞き及びます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
 運をあげたり、ツキを呼ぶためには潜在意識に働きかけねばならないといわれます。
クリーニングすることで、きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

思い余ったときには

思い余ったときには
 人事を尽くしてもなかなか思うようにならないとき、素直に原点に帰って静かに内面を見つめるということを人はします。
 そのときは、身の回りの穢れを払うということも一緒にします。
 そして、あとは神様にお願いするわけです。
 そんなことをしたって、という人もいますが、人智を超えた偉大な力というものを否定しきれる人はいないと思うのです。
 古来より良いといわれていることは、やってみると良いのでは?
toil-toku1swb

toil-toku2swb


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
 運をあげたり、ツキを呼ぶためには潜在意識に働きかけねばならないといわれます。
クリーニングすることで、きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

more...

訪問者2

neko6swb
 
 世間様には、ノラ猫に餌を与えるについて、いろんな意見があるかと思います。

 住まいする近くに石神井公園と言うところがあります。何年か前、ワニが居たとか矢鴨泳いでいたとかで話題になったので、記憶されている方もいるかと思います。
 そこには飼い猫だったと思しき人懐っこい捨て猫が沢山います。
 そばを通ると、人恋しいのか摺り寄って来て、触っても撫でても当然のことながら逃げはしません。
 しかしここには、「餌を与えないで下さい。」という大きな看板が出ています。
 何日かしてその場所を通ると、もはやそこにその猫の影は見えません。

 当家に立ち寄る例の猫は、子猫のときに鳴きすぎたのか、声が出ません。過酷な経験があってのことか、外を歩く人の足音に用心深く耳をそばだて、いつでも逃げられる体勢をめったに崩しません。
 それでも疲れているらしく見えるときは、玄関内に少しだけ入ってしばしまどろむように休んでいきます。ここは安全だと思っているのかもしれません。

 昨日のブログに書いたことは、信じて近づいてくる人は庇護されることが多い、ということをいいたかったのです。
 見渡してみればわかる通り、親子であったり親友であったり、別して近しい関係にある人には、援助せずにいられないという感情が沸くのが人情というもの。
 これがご先祖様であったり神様であったりしたときも全く同じことなのではとおもうのです。
 誠意をもって近しく接するというのは、「お察し下され。」では決してないのだということです。
 気づくチャンスというのは、動きも伴うもの・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
 運をあげたり、ツキを呼ぶためには潜在意識に働きかけねばならないといわれます。
クリーニングすることで、きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。やらずにわかるわけがないのであります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

訪問者

neko3swb
 
 2年前、やせ細って歩くことさえ頼りなくて、とても冬を越すことができそうもなくヨロヨロしていたノラの子猫に、我が家のサイ(普段ツノは見えません)が餌を与えたことで生き延びて成長し、定期的に訪問してきます。
 おとなしく玄関先に控えて、いまだに好きなミルクを出されるとそれを舐め、終わると何処かへ帰っていきます。
 生まれて2週間にどのように扱われたかが一生を支配すると聞きますが、ノラで生まれた悲しさ、どのようにしてももう人に馴れるということがないのか、50センチ以内に近づくことはできません。
 以前は7~8mのバリアだったことを思えば、長足の進歩ではありますが・・・

 加護してくれるものの恩恵を受けるのには、自らのバリアを外さなくてはならないのに、刷り込まれてしまった習慣を改めるのは常に難しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門である<span style="color:#0000ff">「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
 運をあげたり、ツキを呼ぶためには潜在意識に働きかけねばならないといわれます。
クリーニングすることで、きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

聞くということ

kiku3swb

 誰かが一所懸命にやっていることの、その真剣さが感じ取れないような感性でいる人には、いかな神様でも仏様でも手の差し伸べようがない。

 理解を超えるからとか、興味がないことだから関心が持てないということと、真剣さに敬意を払わないとか、軽視するということとは全く違うことがら。
 ましてや、真剣な人の為していることの妨げになるようなことを平気でするような心根では、いずれ仲間からにも見放されるに違いない。

 真剣な姿というものに重なっている「気」というものだけでも感じ取ることなくして、自らを高める道は拓けないと思うのです。
 認めることなくして認められることのあろうはずがない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。
インスピレーションというか、声無き声というかを聞くことがあっても、それを放念していてチャンスを逃すことが如何に多いことか。
ツキを呼ぶのには、動いてみることも大切な要件です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

ツキのお話し

ツキのお話し
 風水・パワーストーン・お守りなどなど、ツキを得る為には神社参りを始めとしていろんな方法があります。

 よく、「トイレを見るとその家のことがわかる。」と言われますが、ご商売をされていたらもう、見る聞くなしにトイレのお掃除は一番に気をつけねばならないこと。
 臭いが残っているようなトイレのままにしておくことは、お客さんに「2度ときてくれなくて結構。」といっているのに等しい。
 臭いがこもってしまったトイレは、消臭剤や芳香剤ではもう対応できません。
 特殊洗浄をして綺麗にしましょう!
toil-fami

mail : info@k-cbs.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
 運をあげたり、ツキを呼ぶためには潜在意識に働きかけねばならないといわれます。
クリーニングすることで、きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

脳卒中

nira1swb強調文

 電車のなかに、読み終えた雑誌を網棚にポイッと放り投げた若いおにいちゃんがいました。
 「それ、捨てたの?」と尋ねると、平気というか臆面も無くというか当然のように「うん」と頷いた。
 「ごみ捨て場じゃないんだから、持って帰りなさいよ。」と言うと、たいそう不満そうに此方を睨んでいる。
 こうなったときに無言の状態で発する私の迫力ってのは、我ながらかなりなものがあるのだと思う。
「ご返事は?」と念押しする前に、しぶしぶ頷いて雑誌を拾い上げた。

「そんなことやって、血圧あげてちゃしょうがないでしょう。」なんて心配はご無用。若者にだってまだまだ理性はある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com*******************************************************

more...

見る目

kurama1wb

海松芽(みるめ)
 中学時代の職業科(どういうわけか、その頃そういう時間があって、学校の畑で実習もあった。)の先生が授業中に「松の種類を述べよ。」と問題を出しました。
 ワルガキの盛りだから、代わる代わる立ち上がって「おそまつ」だの「ちょろまつ」だの「たんまつ」だの「かんまつ」だのと口々にあげ、先生に呆れられました。
 でも、端末や巻末なんてのは冴えてると思うけどね。

 海松(みる)っていうのは、本当にあります。ウソだと思ったら辞書でも引いてミルアルヨロシネ。

 そのミルじゃなくって、男をミル目だか女をミル目だかで、写真の中の男女を見分けて下さい。
 遠目だからなんとか見られましたが、70示遺産(爺さん)たちの白塗りは、本人たちも言ってましたが、近くで見るとかなり気味が悪うございましたぜ。
 それなのに「なんか、くせになりそうヨ。」なんて言ってシナをつくりながらヨロヨロ歩く姿をなんといわんや!
 みんなで大笑いでした。(お~~キミワル)

(肖像権?あるいは個人情報にサワリがあるかもしれませんので、遠目の写真。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の本業の一部門「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づくのではと思います。
 自らの意識を変えて、不景気風を吹き飛ばすツキを呼び込めるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com

*******************************************************

くさもみじ

houkigusa

 むかし農家では、たいてい庭先に箒草を植えていました。
 秋になって葉を落とし、茎と枝だけになったのを抜き取ると、落ち葉を掃く箒として使うのに具合がよかった。
 箒草の実は、知る人ぞ知る珍味のトンブリで、プチプチした歯ざわりが何ともいえず良いのだという。
 これは、箒用のではなく園芸種らしいが、綺麗に紅葉しておりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門「自分でもできる墓石クリーニング」は、皆様の幸せに繋がる道なのだと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
 
 これだけ不景気不景気と言われると、なりふり構わず何か偉大な力に縋りたくなるのではないでしょうか。
 ツキを呼ぶと言われておりますから、やってみる価値は大きいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

神頼み

 kiku2swb

 ツイテいるとかツイテいないとか良く口にします。さして努力をしている様子が見えないのにツイテいる人というのは、ツイテくるようなことを普段から無意識にしていことが多いようです。
 これだけ世の中が不景気になったら、もう格好をつけてもいられません。

 人智を超えたツキを呼び込むのには、ご利益のある神社にお参りするのも良いですが、墓石クリーニングをすると良いというのもよく聞きます。

 その人智を超えた力というのがどこかで働いているのは誰もが感じていることなのに、そういう力を素直に認め近寄ろうともしないのでは、ツクわけがないのです。
 なりふり構ってはいられません。良いと思われることは何でもしなくては。

 偉大な力に近づいたり触れたりしようとするとき、人は自分自身や頼みとする対象を先ず洗い浄める、ということを自然にやっています。
 福の神さまがいらっしゃるといわれるトイレの清掃をするのも、知らず知らずのうちにしている方法の一つでしょうが、なんといっても墓石クリーニングが一番だともいわれています。
 なぜなら、自分のために力になってくれるのはまず親ですが、最大最強の味方は親の親であるご先祖様であり、大いなる力(神様というと解りやすい)への取次ぎ役を親身になって担ってくれるからだそうです。

 人は誰でも「ご先祖様を大事にしなくては。」と思っているのに、そこからのメッセージに気づかないふりをして無為のうちに過ごしていることが多い。
 せっかく潜在意識が伝えてきてくれているものには、素直に従うのが結果として一番よいと、墓石クリーニングをした人は皆さん一様に言います。

 でも本当のところは、引きずってきてしまっている諸々のとらわれを、一度綺麗にリセットすることが、これから良くなるための意識改革に必要不可欠なことであるらしいのです。
 そのためには、キッカケとなるものが必要なのだというのです。

 そんなことよりなにより、結果として目の前に綺麗になった墓石を見たときの満足感と清々しさは、自分も嬉しかったが、ご先祖様が喜ばない筈がないと思える。

墓石洗浄マニュアルは、いま期間限定で8千円とお徳です
この技術は、石材の汚れなら応用すれば他の石でも使うことができます。 
ノウハウを提供することで、自分でやってみようと思われている皆様の繁栄
と幸せの一助になれば嬉しいことです。
 http://www.kng2321-cbs.com 

観音

kiku1swb

 観音様にお参りするときは、声にだして祈るのだと言います。音に観ずるのだとか。
 
 蝉時雨 語り尽くせず 鳴き止めず

 いつのまにか、あれほどに鳴いていた蝉の声がしなくなった境内を抜けて、観音さまではなく、神社の秋の例大祭に行ってきました。
 境内には菊のアツモノが沢山飾られていて見事でした。これだけのものを育てた人は素晴らしいと思います。
 神仏のご加護があって、この日に合わせこのように美しく咲かすことができたのかも知れません。天候に限らず、起こり得べからざることの筈が、なぜかは頻繁に出来するのがイキモノを育てるということ。
 人も同じことで、時によれば絶望状態ともいえる状況下で、何かに“気づき”あるいは“気づかされ”原の道にもどって困難を乗り越える。
 その気づきは、解らなければ何回でも他の場所や機会に繰り返しのしかかってくるようです。
 
 回り道、戻り道、迷い道の多さは人後に落ちぬどころか、うちひしがれてしまいそうな経験を人の何倍もしています。
 高校を卒業し就いていた職を止め大学受験を志して、入学金ほかの学資を整えるために夜を日についで働いて貯めたお金が、たまたまアルバイト先の近所で便利ということで預けていた信組が潰れて全くの振り出しに戻ったことにより、4年遅れたとか。
 遅れた分、効率よくせねばならぬところを、コネなし金なし道具なしで始めた会社も、紆余曲折したし、まあ波乱万丈。
 おかげさまで、いろいろ経験させてもらったし気づかせてもらえた。気づくということは、築くことなのかも知れませんが、楽に行く方がいいにきまってる。(経験者は語るってか?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

もみじ

tukiyono1

 このあいだTVで、モミジとカエデはどう違うなんてのをやってましたが、紅葉するのは何でもモミジという。
 カエデも紅葉するのでモミジと呼ばれるようになった、なんてことを言ってましたが、高校で古文(国語乙)をやった人は、もう少し詳しいはず。
 カエデは即ちカエルデ(蛙手)。
手のひらのような形をした葉っぱを指してそう呼んだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

エライ!

tougarasi1


 ある国際試合を見終わって感じました。
 何かを一所懸命にやって、よい結果をだしたら、それは無条件で人を感動させるのではないでしょうか。全力で戦った後、お互いを認めあい称えあうのは清々しい。
 恨みを残さぬノーサイドの精神がなくて、どうして真剣に戦えよう。
 やっぱり一流になる人はドコの国の人であっても、その言動に素晴らしいものを持っているのだと感じました。
 コメント一つだって、ちゃんとしているから、ある段階に達すると、人間性も一緒に涵養されてしまうということに違いない。

 学びて思わざれば則(スナワチ)罔し(クラシ) 思いて学ばざれば則ち殆うし(アヤウシ)

国対国といえど、いつまでもニクシニクシでやっていたら、品格が落ちるばかりかやがては軽んぜられるだけだと思うのです。
 何事につけ、どこかで清算しないと、先々の幸せが見えてこない。
 時効の概念は、人間に大事なことかも知れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

いんでん

 niwa-kaneyama

印度伝来の技術だから印伝といい、鹿皮に漆塗りの細工を施し、財布・バッグ・名刺入れ・印鑑ケースなどの製品となっている。使えば使うほど風合いが増して、これは一生ものの持ち物となるらしい。
 バス旅行のとき訪ねた武田神社の前に印伝屋さんがあって、同行者が土産に購っているのにつきあって私もひとつ手にいれました。
 蜻蛉の模様がついていました。「おおっ、アキツだ。」と言うと、店の女主人曰く「『かちむし』とも言うんです。」とのこと。「どうして?」と尋ねたところ「トンボは決して後ろにさがらないから。」と教えてくれました。
 アキツといえばトンボのことだけれど、アキツシマと言えば日本の異称。大昔にはトンボが多かったのかしらね。
 美しい言葉というかどうか知りませんが、日本にはいろんな呼び方がありますよね。
しきしま・やまと・ふそう・おおやしま・あきつしま・etc.etc.

 しきしまの やまとごころを ひととわば・・・ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
いま、気持ちを強くもって立ち向かわねばならない不景気風の中、自分の底力に目覚めるための機会ともなるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

うれうるに

chou-s2wb


 今日はたいそう忙しかったので、昼食を摂る時間を惜しんで、近所のコンビニでおにぎりを求めて済ますことにしました。
 店内は混んでいて、レジの前もかなりの人数が並んでおりました。
 「ちゃんと並んでクダシャイね。」幼児を二人連れた若いお母さんが、下の子に声をかけるのを聞いて、『うん、マナーをきちんと教えてなかなかよろしい。』と思ったのも束の間、上の子が「これ、たべられるの?」と質問したのに対し、「食べレルから売ってるんダヨ。」ときたもんだ。
 子供のほうがよっぽどたしかな言葉づかいでしょうに。

 きわめつけは、下の子が、これから買ってもらうのであろうと思われるお菓子の箱を口にして舐めているのを見て、「コラ、オメーは何食ってんだよー。」

 若いお母さん!ヘソだしの服装は我慢するから、乱暴な言葉遣いはやめましょうね。母は、子の鏡なんですから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

more...

語彙力

 kinmokusei4wb


 美しい日本語は、言を待つまでもなく大切であるということに否やはありません。
 言葉を磨くということも、大切なことです。思考は、言葉を通じてなされますし、思考は潜在意識に刻まれて実体化するといわれているからです。
 そうだとすると、望みを叶える為には、もう少し語彙力をつけることも必要なのではないでしょうか。
最近の若い人の話を聞いていると、すげ~、おいし~い、かわい~い、~なんだし~ なんて変に引っ張った言葉や、きもい、うざい なんていう創作形容詞の飛び交いが殆どで、ほかの単語が聞こえてこない。
感性は優れているのだから、表現力を磨かないと勿体無いと思うのです。もっと国語を勉強しましょうネ。
 なかには、モロ哲学っぽい議論をしているむきもあって、聞いていて感心することもありますが、言葉遊びに留まってしまっては、これもまた勿体無いこと。
 誰も見ていなくても、身につけたことが実社会で世の為になるというのは素晴らしいことなんだと思うのです。

 言葉を取り戻すのは今のうちなんじゃないでしょうか。乱れが続けばそれが定着してしまいます。言葉は一種の波動ですから、玄妙なところで精神や肉体に影響を及ぼすかも知れません。
 美しい言葉は、幸せをも運んでくるでしょう。人間は太古の昔から、音楽にしろ芸術にしろ、つまるところ美を求めてきたことは、それが幸せに結びつくことを願ってのことであったのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

お茶の花

maccha1swb

 生垣に時季はずれの茶の花が咲きました。
 プラハからリサイタルのために帰国している息子が、
「お茶に浮かべて飲んだら風流なんじゃない?」と言って、花をいくつか摘みました。
 日本の心を失わず、というよりも、こちらよりずっと日本的感性を持ち続けていることになにか嬉しさを覚えました。
 「おやじさまどうぞ。」と点ててくれたお薄茶に浮かんでいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

ことば

ginnan3swb


 たいして信心深いわけではないけれど、そうかといって神仏を粗末にするなんてことも決してなくて、
神社であれ仏閣であれ教会であれ社、祠、石像に会えば、恐れ畏まって拍手をうったり手をあわせたり礼拝したり恭しく頭をたれたりするのが常です。
 手水の作法は、村の鎮守、麻積神社の氏子総代にそのむかし教わった。自然に躾られたといえる。
 寺院などでは仏像なども拝観するけれど、名前が書いてないと、それがなに如来なんだか何菩薩なんだかわからない。仏師はどのように彫りわけ内面まで浮かび上がらせたのだろうか。
 仏像の形は経典で決められていて、そのフォーマットともいうべきものを「儀軌(ぎき)」というのだそうです。
 この儀軌に則って仏像の大枠がつくられ、表情・印相・持ち物・衣などによって仏の個性は表現され、時代を超えて共通項をもつのだという。
これらのことは作る側にも見る側にも共通の認識というか素養があったのだと思われるが、AAにないのは残念なこと。
 同じく西洋では、ゼウスだアポロだガイアだダビデだとわかるってことだと思う。
 神話なり民話なりが語りつがれて内面に残り、精神面を支えているのに違いない。それも文化。

 音の世界でもそれはあって、たとえば鐘のネを表す音があって、「夕焼け小焼けで日が暮れて山のお寺の鐘が鳴る」なんてのもそれで組み立てられていると、昨年末初めて目の前で弾いて聞かされた。
 言葉は、乱すことなく使うことが大切なのは、共通認識の根幹をなすものとしてのことだと思うけれど、ほかの表現方法もたくさんあるのかも・・・
 TVでやっていたけど「黙って抱きしめてあげてください。」なんて・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

一円

donguri-swb


 一円を笑う者は、一円に泣く。「お金は大事にしなくてはいけません。」と習った。
 よ~く考えよう お金は大事だよ
 よ~く考えなくてもそうなんで、大事にしてるんだけど・・・

一円玉のデザインはオガタマの木なんだという。
 神社で巫女さんがお神楽を奉納するとき手に持ってシャンシャンと鳴らす鈴の原型になったのが、オガタマの小枝なんだそうです。
アマノイワトの前で裸踊りをしたアメノウズメノミコトさまも、これを打ち振るって舞ったのだといいます。
 モクレン科のこの木を初めて知ったのは、むかし参拝に行った熊野速玉大社の境内で、神主さんに聞いたのが最初。次には、高千穂神社だったように思います。
 方々にあるらしいんですが、目にする機会が少ないようです。

 お金はなにをやるにも基本となり大切なのに、これを得ることにある種の後ろめたさをもっている人が多いようですが、沢山持って、世のため人のため、幸せになるような使い方をすればよいのだと思います。
 貯めこむことだけが目的となってしまっては、そこによどみができてしまい、それではお掃除の対象となってしまいます。
 こつこつと、しかし大きく貯めて大きく使うことは、神様の意にというのか宇宙の意思にというのかに叶うことなのだと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

そうかなあ?

nisiki1wb

   そうかなあ?

 新聞の投書欄に72歳だという女性が投稿していました。いわく「おばあちゃん」と呼ばれたのに腹をたて、ケシカランというのである。
 72なら、もう立派なおばあちゃんじゃないのかなあ。
 同様な主張に、身内でもない人からオバサンと呼ばれるのは我慢ならないというのが前にありました。オバには叔母や伯母しかないと思っているのかも知れないが、小母っていうのだってあるし、決して悪い呼称ではない。
 おばあちゃんやおばさんっていう言葉は、最近できた言葉ではないし、長い歴史のなかで尊敬や親しみをもってずっと使われ続けてきたのではなかったんでしょうか。
 怪しからんという人たちが、その“おばあちゃん”とか“おばさん”という言葉について持っているイメージとか、その年配の人たちにそういう意見を書いた自分がどんな態度で接してきたのか一度聞いてみたいものです。

 ゆえなく、なんとかかんとか言われて無くなってしまったり変えられてしまったりした言葉のなかには、もし言葉というものに意思や人格があったとしたら、「不本意だ。」と言ったに違いないものがかなりありそうです。

 イジメというのは、“苛め”または“虐め”ということであろうが、国会でだってイジメがいけないという主張をしているその本人たちが、衆目の中、失言をしたと謝っている人に対し、寄ってたかって何回でも繰り返し責め立てているのを見せつけたら、子供達にとっては、自分が傷つかない大勢の側にいるときには、そうするものだと刷り込まれているのと同じなのではなかろうか。
 謝ったら、寛容の精神でそれを許し、以後双方が仲良くするというのが、我が国の古来からの美徳であった筈。

 諸外国では、謝ったら最後「貴方は悪いと認めたんだから賠償せよ。」ということになるのが常らしいけれど、そういうのって、なんかイヤだね。
 論点がずれてきちゃったから、今日はもうおしまいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニング">自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com*******************************************************

5合

fuusen-swb2

 古い語呂合わせに2升5合というのがあります。それは分解すれば升升半升だから、益々繁盛っていうことになるという他愛ないもの。
 
 昔、あるひとが言った言葉で、なるほどと思ったことがあります。
 「世の中は、悪い人が居ないとおさまらない。」というのです。本当の悪人ということではなくて、「私が悪うございました。」と譲歩する人がいてこそ、「いやいや、私のほうも言いすぎました。」となって漸く折り合いがつくと言うのです。(日本の美徳かも知れませんが、外国人相手に通用するのかどうかは疑問です。Sorryといったが最後、傘にかかって悪いと思うのなら賠償しろとまで求めるというのが常らしいから。)

 それでも、相手を慮る日本のやりかたのほうが好きです。人らしいです。
 現状をみるに、百人居たら百通りの正義があって、どこまでも自分の側の主張のみを絶対視すれば、最後の一人まで行くよりない。世界に一人だけ残って、何が楽しいんだろうね。

 神を説き、愛を叫ぶなら、それぞれに内なる神を抱く自分以外の人をないがしろにはできない筈なのに、いつからか損得とか面子とか主義とかが優先されて、人類数万年の知恵は軽くなってしまったようです。

 主張するのあまり、食事のときの挨拶“いただきます”という言葉すら、「学校の給食時には相応しくない宗教儀式である。」とクレームがついたというけれど、宗教でもなんでもなくて、人間は生きるためにやむを得ず他の生き物である動植物の命を、口にせざるを得ないことを慎んで、「あなたの命を私の中で生かさせていただきます。」というのが、そもそもの意味なのだと教えられたことがあります。
 そんなことには触れもみで、ってことばかりじゃ寂しい・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

外見

           
momiji-swb

 正装に威儀を正してとか、衣紋を正してとかいいます。
 大切な人や初めての人に会うときは、身じまいを整えます。粗相があってはならないという礼儀上の意味も勿論あるでしょうが、別の捉え方もできます。誠意の表し方は、まずそこから始まるのですから。

 心理学者アルバート・メラビアンが提唱したので「メラビアンの法則」といわれますが、人の言動のうち、他人に影響を及ぼす要因としては、話の内容などの「言語情報」が7%、口調や話す速度、声色などの「聴覚情報」が38%、見た目など「視覚情報」が55%を占めるのだといいます。
わざわざだらしない格好をしたり、不潔にみえるような支度をあえてしていている人がいますが、多分なにもいいことはありません。
 正装は清掃に通じます。見た目だけで判断されて運を逃がしていてはならないのです。
本来輝いているはずの本質を、自分で曇らせていては、生まれ出て本来の役目が果たせなくて残念なこと。

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
自分でもできる墓石クリーニング
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

栓抜き

 doudanRIMG02swb.jpg

 プラハに住んでいて、ピアニストである息子が、リサイタルの為に一時帰国しているときの話しです。
 ポーランドにての集まりがあって出かけ、その打ち上げ会にビールが出たのだそうです。
 しかし、栓抜きがない。
 すると彼らは少しも騒がず、「ここでは栓抜きが無いと言って待っていたら、ずっとビールは飲めないことになる。」
 何かが無いからこれができないと不足を述べ立てるより、そのための道具が無くても工夫してできるようにするのだ、というのでした。

 そのために、歯も鍛えているらしい?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の本業の一部門である自分でもできる墓石クリーニングは、皆様の幸せに繋がる道への提案だと信じてやみません。
きっと新たな気づきの世界に近づけるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com*******************************************************

金木犀

kinmokusei-swb

今にも降りだしそうな空の下で金木犀が咲いていました。
 ハラハラと散り敷く花びらを、なぜか掃き捨ててしまう気になれませんでした。
 幼いころ、母から聞いた話を想いだします。(母は、今97歳です。)

 あるお寺に修行で入った小坊主さんがいました。秋が深まり紅葉が舞い落ちる頃、和尚さんに言われて庭の掃除をしました。綺麗に掃き清めて報告に行くと、庭を一瞥した和尚さんがやりなおすようにと言ったのだそうです。ちゃんときれいにしたのに・・・と思いつつもやり直しをして再度報告に行くと、先ほどと全く同じにやり直しをいいつけられました。
 思い余ってか腹立ち紛れかモミジの幹を蹴飛ばすと、紅葉した葉が地面に散り敷きました。
「終わりました。」と和尚さんに告げにいくと、「うむ、それでよい。」と満足げにおっしゃったのだそうです。
 庭をみやると、緑の苔の上に程よく散らばった紅葉した葉が冴えて、美しかったのでした。
 お掃除は、なんのためにやるのかということでは、意味深いこと。

  ところで、八重で連想する言葉に、七重の膝を八重に折って、というのがあります。
  七重の膝ってどんな膝なのかわかりませんが、決まり文句で使われていて、丁寧さが伝わる言葉です。

 ナナエじゃなくてヒチジュウというのがあるそうです。
 どこにあるかというと、極楽。
 七重宝樹というのは、金樹・銀樹・瑠璃樹・玻璃樹・珊瑚樹・瑪瑙樹・シャコ樹なんだというけれど、見たことはありません。何十年か先には見られると思いますが・・・。

 随分強気なこと言ってるねですって?だってそうなんです。瑠璃も玻璃も磨けば光るというように、私の会社はお掃除を毎日たゆみなく社業としてやっている会社なんですから。
 その上、墓石クリーニングを素人でもできるようにマニュアルを作って、広く広めることも初めているのですから。
 世の心ある人の、お役にたてればとの思いが、広く伝わるとよいのですが・・・

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

more...

肌艶を整える
himawari1swb

 幸せな人というのは、顔の艶がよく、自信に満ちて明るく輝いています。
 目鼻立ちは如何とも成し難いにしても、この艶というのはかなり大事なものであるらしく、これが運を左右するということであるから、顔艶には気を配らなくてはなりません。
 逆もまた真なりということであり、顔の艶がよくなるようにしていると、運も向いてくるというのです。
 顔色がくすんでいて運の良い人はまずいないらしいから、わざわざ変な化粧をして顔色を曇らせるなどというのはもってのほかのことなのであります。
 そんなことから、鏡をピカピカに磨いておくことも重要になるわけです。

 この世で経験する様々な苦しみは、因果の法則によるものであるということですが、現れればそれで必ず消えるのだということですから、「これで消すことができまして有難うございます。」ということで終りにして、いつまでも捉われ続けないようにするのが良いそうです。

 人は、幸せになるために生まれてくるのですから・・・

 でも、ご先祖様からのそれらの思いをつなぐためには、墓石のクリーニングをして煤けた汚れを綺麗にしてあげなくてはならないでしょうから、ここはいちばん自分で頑張ってみることをお勧めします。

 自分でもできる墓石クリーニング
このブログを訪ねられた方と、そのお知り合い100人様が幸せでありますように!



★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com
*******************************************************

いみじゅうちさきちごの

いみじゅうちさきちごの

 公園を散歩の途中、池に張り出した東屋で小憩をとることにし、ベンチに腰掛けるのと前後するくらいに、幼い姉弟がおばあちゃんらしき婦人と一緒にその東屋にはいってきました。
 家内が持参の携帯用ポットでお湯を注ぎ、コーヒーを紙コップにドリップさせようとしていたときのことでした。
「私のどが乾いたから、なにか飲む。」といいながら、肩にかけていた小さなバッグをおろしジュースを取り出したおねーちゃんの横に、ちょこんと腰掛けた弟も、同じ柄のバッグを開いてスナック菓子の箱をあけ、中から小さなお菓子を指につまんだ。
 食べるのかと思ったら、とことこと私のそばに寄って来て、手のひらに握った小さな魚のかたちをしたクラッカーを差し出した。くれるという。
「ありがとネ。でもおじちゃん(おじいちゃんとは決していわない。)はいいから、ぼく食べなさい。」というと、連れのおばあちゃんも「大人はたべないのよ。」なんてフォローした。
 そのクラッカーは、あっというまに子供の口の中に消えた。
 それを見ていた家内が、キャリーバッグの中からチョコレートを取り出し二つに分け、姉弟に「じゃぁおばちゃんからは、これをあげるネ。」と手渡した。
「ありがとう。」「ありがとう。」と口々にお行儀良くあいさつもできました。
nisikigoi-swb

 「一緒に鯉に餌をあげよう!」と、持って来たビスケットを渡すと、毀して半分くらいは鯉に与えていたが、残りは自分で食べてしまった。
 まあ、そもそも人間様の食べるものだから大丈夫だけど・・・

 バイバイと手を振って帰っていく姿がかわいかった。日本の将来は明るい。

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com*******************************************************

more...

気というならば

気と言うならば、景気も気の世界のことに影響を受ける。
実態というものであれば、それ以上でもそれ以下でもないことが明らかになるときがくるが、疑いというものと同じく、それは際限も無く広がるものであろうから、どこかで気持ちを強くしないとならない。
人は、ある意味で何か頼りになるものがないと流されがちになるものではあるが、ご先祖様に守られていると信じることができれば、それは大きな力となるでしょう。

★発行責任者:AA3TAKE copyright(c)★ ************************
URL http://www.k-cbs.co.jp 
http://www.kng2321-cbs.com 自分でもできる墓石クリーニング
*******************************************************
blog-cm3wb

続きに実施例があります。

more...

プロフィール

AA3TAKE◎小さな気づきから

Author:AA3TAKE◎小さな気づきから
 
 生きているだけで価値があるのだとも言われますが、この世に生まれた甲斐は、幸せになるということのはず。

 幸せは、顔をそちらに向けねば気づかぬままに通り過ぎてしまいがちだから、これからは努めてよきことを数えてみようと思っています。
心と体が健康であってこそ、正しく美しい気づきが得られ幸せに導かれる。
普段が楽しくあらねばならないのだと思います。

フリーエリア


自分でもできる墓石クリーニング
  成功する人は皆、潜在意識の使い方がうまいのだといわれています。
自分をとりまく動きが全ての場面で変わってくるというインパクトを持ったきっかけとなるのが、墓石クリーニング。
 運が悪いだのツキがないだの言ってるだけで、自分では何もしないのでは、どうにもならないということだけは確かなことです。

bosekibanar5 
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
血糖値・糖尿病に「紅菊芋パウダー」
蜂蜜・プロポリス専門店
40万人が禁煙に成功
痛くない脱毛器
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご案内
フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご連絡は、こちらから
お問い合わせや、情報交換etc.

名前:
メール:
件名:
本文: