FC2ブログ

情けなさすぎる

 自分の意にそまないから、記者会見の場から産経新聞を締め出したんだと。

 政治家というのは自分の信念とすることについて全身全霊をもって説明し、他を説得納得してもらう責めを負っているのではないのか。

 反対意見や自分の真意とちがうことを報道されたのであれば、きちんと根拠を示して反論論破すべき職責にあるのではないのか。それができる立場にいるのだは?

 一般人が事実と違うことを書かれたとしたら、大体は泣き寝入りするか、嵩ずれば故なき誹謗中傷の中に晒されて身を滅ぼすことだってありうる。

 仲間外れにするとはね。

スポンサーサイト



めぐむ 希望に満ちたことば

 「芽ぐむ」。芽吹くとほとんど同じように使われますが、芽を吹く前の少し膨らんできた状態をいうように思います。

 好きな日本語の一つです。

 

「ぐむ」は名詞に付いて動詞をつくり、そのものが現れはじめる意を表す。

「涙ぐむ」「芽ぐむ」などです。

 

 冬の厳しい寒さにじっと耐えていた木々の幹が、血が通い始めたように生き生きした輝きを加え、枝先に花芽が芽ぐんできている子の時季は、心躍ります。

 例年ですと正月には満開となる梅の蕾が膨らみました。

 ume

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

本当なのか?

消費税をあげれば

 税収が増えると、さかんに宣伝する人がいるけれど、本当なのだろうか?

 ギリシャみたいになると脅すが、かの国と我が国はどこが似ていてどこが違うかの説明をする人はあまりいない。

 諸外国の消費税率は高く、日本は低すぎるとも言うが、高い税率の消費税を払ってもなお、日本より物価が安いということには一言も触れない。

 海外旅行をする人は多いしそこらへんのことを知っているから、物価のことを説明しないと、税率だけのことをいうのはいかがわしい意見のように思える。

 この不景気に税率をあげれば、普通に考えて、誰もが物を買うのを控えるか我慢するようになって、お金は動かない。

 メーカーは物が売れないから、益々景気は悪くなって、利益があがらないから法人税も減ることになる。

 このように考えるのは、素人だからなのだろうか?

 

 お金持ちやお金を使う余裕のある人が、安心してお金を使うような施策が出れば、お金の循環がよくなって景気もよくなるのではないのか。

衣食足りて、というが

倉廩(そうりん)実ちて則(すなわち)礼節を知り、衣食足りて則ち栄辱(えいじょく)を知る

(米蔵がいっぱいになって礼節を知り、衣食が足りて恥を知る)

 

「衣食足りて礼節を知る」と、学校では習いました。逆は「貧すれば貪(どん)する。

しかし、本当にそうなのだろうか?

 ギスギスした関係や、殺伐とした事件が多すぎる。

 

むかしの貧しかったころの方が、礼儀正しかったし努力しようとしていたし、互いに譲り合って弁えた行動をしたのではなかったか。

物が満ちて有り余るほどになったとき、ますます貪欲になって、自分に必要以上のものを他人を蹴落としてまでも集めるようになってしまったのではないだろうか。

 奪い合えばいくら有っても足りず、餓鬼道。分け合えば余るともいわれるのに・・・

 物の豊かさは必要だが、心の豊かさにも目が行くようにならないと、精神の安定が得られないように思えるのだが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

差別と区別

 名詞とは、事物・動作・状態などを表す品詞であり、これがなくてはものを区別できない。

本来、区別を意味していたはずの名詞であるはずが「ただいま不適当な表現の放送がありました。」などのように、近年使用が憚られる言葉が増えてきたように思える。

 誤って差別的に使われることは咎められるべきであろうが、行き過ぎれば名詞というものが無くなることだってあり得る。

 

「片手落ち」というのは差別用語だから「片落ち」と言わねばならないらしいが、そんな日本語なんてあるのだろうか。「片手運転」「片手演奏」なども、そのうち槍玉にあがるのだろうか?

「主人」と呼ぶのが怪しからぬということで、「夫」でも「妻」でもなく「パートナー」と言えとどこかの国の大臣が言ったそうだが、国語力を疑う。

 

 大きな声で騒ぐ人や、なんらかの思惑があって主張する人に引きずられることって多過ぎないだろうか。「差別」とレッテルを貼られることを避けたいというのが人情とはいえ、大勢によってたかって責められるのは面倒とはいえ、簡単には見過ごせないものだってある。

 

 最近、TVや新聞のニュースだけでなく、ネット上の書き込みも読むようにしているが、意外に事実や真実を伝えているのではと思えることが多い。誰かが言っているからではなく、自分で判断することが重要である。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

大きなことをなすには

 あれもこれも、やらなくてはならないことが山のようにあって手がつかないということがありましょう。

 どうしたら良いかと思っているうちに、仕事はますますたまって収拾がつかなくなります。

 こういうときは、まず簡単にできそうな小さなことを終わらせるのがよい。

ここから糸がほぐれるように次々片付いてしまうというのが、不思議といえば不思議です。

 

 普段気になっていることを、そのうちに、そのうちにと思ってやっていないことってありませんか?簡単にできてしまいそうなことは、残さないのがよい。

 最初は、小さな一歩から始まります。 http://www.kng2321-cbs.com

良いと思えることは

 言い表せなくいけれど、そこにいつも確実に有る不安に、誰もがつきまとわれています。

 しかも閉塞感にとらわれていて、何をやったらいいかもわからない。

 不安を抱えながらでは、何をやっても上手くいかないのは当然です。

 それは必ず、成功への努力の足を引っぱります。不安こそが上手く行かないことの元凶です。

 

 前向きに考えることでそこから逃れようと思ってみても、気がつけばそこにドップリ嵌りこんでしまっているのが、人の常です。

 では、どうすれば良いのかということになるのですが、不安は誰かに丸ごと預ってもらうのが一番良いということになります。それを行動に移す。

 しかしながら、そんな面倒なものを、一体誰が預ってくれるでしょう。

 それを快く預って浄化までしてサッパリさせてくれるのは、子孫の繁栄を願っているご先祖様以外ありません。

 でも、ご先祖様だってタダでは嫌だって言います。

 そこで、墓石クリーニングをして綺麗にしてあげるから、そのかわり預って下さいとお願いするわけです。人間関係と同じでわかりやすい。

 

 改めて考えてみなくても、世の中は何にでも対価というものがあるのです。

 費用は少しお酒かタバコを控えれば、できてしまう位のものです。

できることからまずやってみる。

神様は、高額なお賽銭を要求することはありませんし、壷や置物を買えとも言いません。

 

「自分でもできる墓石クリーニング」というページがあります。

読んで、なるほどと思えたら、やってみると良いと思います。

http://www.kng2321-cbs.com

スノウドロップ 2

 先日、蕾が膨らんできたという写真を載せましたが、今朝になって花を開きました。

 snowdrop2

スイセンと同じヒガンバナ科ですが、スノウドロップの方が咲くのが早い。

 最近は、花の時季というのがいつなのか分からなくなる程、1年中花屋さんで見られるようになってしまったが、スノウドロップやスイセンといえば春早くに咲いて、ようやく冬が過ぎるのだと知らせてくれる花。

 日増しに温かさを増す季節なのだろうけれど、今晩も雪まじりになりそうです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

もっけの幸い

漢字で書くと、勿怪あるいは物怪となるが、「もっけ」とは、

思いがけないこと。不思議なこと。というような意味である。

世の中には、不思議な巡り合わせというのがあるが、実は不思議でも何でもないのかも知れない。

自分が気づかないだけで縁や因というのはあって、それを素直に行動に移していることで、ある日思いもかけなかった幸いを手にすることがあり得るのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html

カクレミノ

 隠れ蓑といっても、それを被ると姿が見えなくなるという蓑のことではありません。

 今日はこの寒いのに、植木屋さんが3人マンションの庭木の剪定にやってきて、1日がかりで樹木の手入れをやっていきました。

 秋に実をつけていた天狗の葉団扇のような葉っぱの植物の名前を知らなかったので、尋ねたところ、カクレミノだと教えてくれました。

 この木の樹液には、ウルシと同様の成分が含まれていて、人によってはカブレルのだというが、そんなこととはつゆ知らず、実を取り集めたのでした。

 いくつになっても、勉強の種はあるものです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

歴史の生き証人が

 また惜しい歴史の生き証人が86歳で亡くなった。

 同業の社長で、子供のときから終戦時19歳まで半島で育ったといいます。

 戦後、学校やマスコミ、印刷物などで刷り込まれた歴史について、事実とは明らかに違うものが多いということに意識が向けさせるキッカケとなった人でした。

 数多の事実(そこに暮らしていたから説得力がありました)の中から、創氏改名について聞いた通り書いてみようと思います。

 改姓については、「日本名を名乗って宜しい」ということであって、何の強制はおろか罰則もなかったのだそうです。

事実、日本名を名乗る人もそうでない人も、一緒に机を並べて仲良く学校の授業を受けていたのだという。嘘だと思うなら、国会図書館に行って調べてみればわかる。日本軍で、日本名を名乗ることなく将軍になった人がいるからと言った。

 では、なぜ日本名を名乗った人がいたのかと聞くと、当時5族協和とはいっていたが、日本名を使ったほうが何かと都合が良い人がそうしたのであって、改名しないままの人の方が多かったのが経験的事実だとのことであった。それで別段の不都合はなかったのだと。

 そのほか、いろいろ聞いたが、良いも悪いも事実を事実の通りに積み重ねることを避けていたのでは、歴史というものが意味をなさなくなるのではと思うようになった。

お彼岸を機会に

 ひとを好きになれない人が、人から好かれるわけがない。誰かを大事にしない人は、誰からも大事にされない。

 東日本大震災の後、「何が大事だと思いますか?」というTVの取材質問に対し、「家族です。」と答えている子供たちが多かったことが、今も鮮明な印象として残っています。

 家族が好きで大事だという気持が、人を大事にするということの出発点だと思います。

 自分を好きだと思ってくれる人には、何でもしてあげたくなる。

 思いやりの気持ちが、あの驚異的な助け合いの行動に現れたのではなかろうか。

 ツキというものも、案外こんなところに気づけるかどうかによるものだと思われる。

 

 自分が今あるのは、親がいて先祖がいたからだということに意識が向くことは少なが、

 人と人のつながりの原点であることに疑いはない。

 

  決意を新たにするとき、人は先ず身の回りを綺麗にしようとします。

  そんなことが端緒となって、運が開けてくる。

http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm

理想と現実のバランスをいかにしたら

 原発は、その安全性に全幅の信頼がおけないから全廃すべきであるとの意見が根強い。

 確かに命のことを考えたら、安全性が担保されない以上、そうすべきなのであろう。

 にも拘わらず、国をあげてそうならないのには、なんらかの理由があるはず。

 自分だけで賛否両論をリストして検討してみるのには、余りに知識や情報量が少なくて、無責任なことしか言えなくなりそうです。

 電力量が供給不足となったとき、産業や経済、社会や家庭生活に与える影響を、電気の利便性に慣れきった我々が本当に耐えきる覚悟というのを持っているだろうか。

 原発の所在地における地域経済や、それによって職を得ている人たちの生活に対応する方策に全面的に協力できるだろうか。

 原子力の技術を持っているということで、平和への安全保障が担保されている側面はないのか。

 原発はないに越したことはないと思いつつも、考えこんでしまう問題が多い。

 基地の問題にも、同様な側面があるように思え、どのようなバランスで選択するのが良いのかなかなか難しい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

 

冬なればこそ

 15年に及ぶ海外生活から、ピアニストとして昨年9月に帰国した息子が、プラハの長く寒い冬が終わると、雪を割って芽を出したスノウドロップの白い花が一番最初に咲くのだけれど、これを森に見に行くのが楽しみの一つであったと語った。

 たまたま花屋さんの店頭で、この花の球根を見かけたので買い求め、鉢に植えておいたものが綻んできました。

 snowdrop

 寒い寒いといっていても、草花は春を知っているのだろうか。

 冬なればこそ 春遠からじ

 夜が明ければ日は昇り、春もめぐってくる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

寒くても

 今年は、ことのほか寒い日が続いています。手がかじかむなどというのは、何年ぶりの経験だろうか。

 でも、寒い寒いと言っている中で庭のミモザの花の蕾は、幹を撓ませるほど重みを増してきました。

 mimozatubomi

 子供の頃によくいわれた三寒四温などというリズムの埒外で、段々に温かさを加えてきているのかも知れません。日も長くなってきました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

血圧降下によいといわれる植物

 赤ビーツは植物分類上はアカザ科に属し、カブの形をしているがカブの近縁種ではない。

この赤ビーツは名のごとく極端な赤色の色素を含有している。この赤色は、アントシアニンではなくベタシアニンである。

 日本ではなじみの少ない野菜であり栽培面積が少なく店頭にはほとんど出回らないが、瓶詰めなどの加工されたものが見られることはある。
糖分が17%前後含まれているシュガービートに比べると糖分はずっと少ないが、甘さは幾分かは感じられ、食べたときには若干の土臭さがある。

 食べ方としては、皮ごとゆでてから調理する場合が多いが、ピクルスにしたりサラダに入れたりして食べられる。また、世界的に有名なのはロシア料理の「ボルシチ」であり、ヨーロッパではスープとしても利用されている。

ジューサーで牛乳と一緒に飲むのもよいが、かなり濃いので多少飲み難い。
赤色の色素は細胞から出やすく、料理の色づけには良いが、逆に付きすぎるくらいで、生のビーツを切るとまな板や包丁が真っ赤になるので注意が必要。

このビーツというのが、キクイモと並び血圧降下に効くのだという。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

素直にできることは

人間は本来、大抵のことは実現できる能力を持っているらしいのだが、それを発揮することも、それに気づくこともなく、自分であると自分が認識している能力の範囲内で過ごしている。

何事をも可能にしてしまうといわれる潜在能力というものに近づくには、厳しい修行を耐えなければならないのだと思い込んでいるが、肉体の鍛錬が必ずしも必要であるということでもないらしい。

心に素直にしていれば、気づき・ひらめき・啓示のような形で常にコンタクトしてくるものなのだともいう。

ただ、小さなキッカケとなることを突然のように脳裏に浮かばせるので、見過ごしてしまったりないがしろにして無視してしまったりしていることが多いようです。

最初の一歩は、ささやかなことから始まるらしいから、告げてくるものに敏感でなくてはならないようです。

私が受け取ったもののなかに「手の甲をマッサージしなさい。」というのがあります。

手の甲を指先に向かってマッサージすると、これがなかなか気持ちが良い。

これがどんな結果をもたらすのか、それがいつになるのか判らないけれど、簡単にできるし気持ちもよいので、続けてみようと思っています。

難しいことや、多大な費用が掛かるようなことが告げられてくることはまずない。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

いくつになっても

 今年も、我が家のサイ(角は普段見えません)が雛飾りをしました。

 子供の時からのものなので、60年は経ているため、傷みも激しく色も褪せてはいますが、それに勝る思い入れがあるらしく、ひとつひとつ楽しそうに飾り付け、自分でケーキも焼いて供えていました。

いくつになっても、この時季になると忘れないで押入れから出してくるから、女性というのは不思議なものです。
hinakazari1

世の中を

 世の中を なんの糸瓜(へちま)と思えども ブラリとしては暮らされもせず

 

「世の中は、嫉妬とソロバンだ。人は自らの損得で動く。」故田中角栄氏がいみじくも喝破したが、その通りなことが多すぎて残念です。

 そんな風潮に染まりきってしまったのは、一体いつからなのだろうか。公とか他人の為などということが疎かにされるようになって久しい。

 でも、日本人はイザというときになると、本来のDNAに刻み込まれた意識に立ち返ることができるのだと信じる。公人であれば尚更、自分のことはさておいてもということでなくてはなるまい。

 

 東日本大震災のときの行動は、世界を驚嘆させた。

 この気持ちがあれば、今の閉塞感から脱却できるのだと思うのだけれど・・・

 それに乗っかって、消費税だなんだを無理やり引っ張ろうというのは、まだ納得が行かないことが多すぎる。ありき、で決める前にやることを明確にし、それを実行に移すことを何故曖昧にするのだろうか。

 昔、公務員は民間人より給与が安いということで、手厚く保護されても誰も文句をいわなかったが、いつの間にやら給与も民間レベルをはるかに超え、それにも拘らず尚住宅その他の特権が多くなっているから、不公平感がどうしても拭い去れない。

 給与をカットしなくてもよいから、その民間との差額分に所得税をかけることにすれば、税収はあがるのではないのか。今までも高額所得者の税率は高く設定せよとの声は高く、現に現役時代の私もかなりの税金を納めてきた。

また、民間では業績が悪くなれば資産を売却するなりして資金を調達する。国の資産としてまず気になるのが外国の国債。市場で売却するのが外交上の問題でできないというのなら、日銀に買い上げて貰うということならできるのではないのか。

その分日銀はお札を刷って市場に流通させれば、円高対策だってクリアーできそうに思うのだが、それは素人考えなのだろうか。

お金が動くような施策を講じないと、景気は動かない。

口先だけ

 携帯電話の機種変更に出かけた。

 さんざっぱら待たせた挙句、警察でもあるまいに何やらどうでもいいような人定質問があって(こんな程度の調査ならどうにだってごまかしができる)から、会社契約のものだから、印鑑を捺印する必要があると言って書類を鼻先につきつけられた。

 持ち帰って会社で車番を押したが、次にその窓口に行くのになんやかんやで都合がつかず10日ほど経過してしまった。

 今回もずいぶん客数があるからどうしようかと思ったが、折角来たんだからと待つことにして係員の仕事ぶりを眺めていたが、なんともトロイ。

 ようやく順番が来たかと思ったら、係員がカウンターから出てきて、用件は何かと客の間を聞いてまわっている。

 店内に入ったときの指示で順番札をとっているんだから、その順番通りに処理すればよさそうなものである。

 で、最先番の番号札をもっていたので窓口に呼ばれたのだが、またまた人定質問から始まった。

「この書類を渡されているということは、そんな手順を省いて差支えないのではないのか?」と尋ねたが、頑として譲らない。

 挙句の果てに、受け取ったときの日付など記入されてもいないのに月が変ったから書類を書き直せという。

 「この10日程の間に、書類のどこが変ったのか?」と聞くと、新しく提示した書類と前に預かったものを尤もらしく見比べていたたが、何の変りもなかった。

 そもそもこの女性、客が混雑しているにも拘わらず、また空いているカウンターがいくつもあるにも拘わらず客を待たせていて、カーテンの陰から偉そうに出てきた人である。

 無料での機種変更は、ユーザーの囲い込みを目的としての方針であろうが、目的の件数に達しなかったからか、締切期日を大幅に先延ばししたのではないのか。

 いろいろクレームをつけると、口先だけで「申し訳ありません。」とはいうが、鉄面皮そのもの。少なくともサービス業として、客の満足を得ようとする姿勢は皆無であった。

 「あんたとじゃ話をしたくないから、上司を出してよ。」と言ったら「私がそうです。」というから呆れた。

 「わかった。他の店舗に行くからもう結構。」ということで帰ってきたが、こういうのは、会社のトップの姿勢がなっていないからなのではないかと疑ってしまう。

 気分が悪いから、他の携帯に変えてしまおうかと考えている。

潜在意識について

誰の脳にも、見たり聞いたりなど普段日常的に使っている「意識」とは別に普段意識的に使っていない「潜在意識」という大抵のことを可能にできるものがあります。

この潜在意識というものは、今までに聞いたり、読んだり、見たり、言ったり経験したことの全てを記録する膨大な記憶装置でもあります。
ここには、世界中の全ての図書館にあるものを合わせた情報量よりも、はるかに多くの情報を記憶できるということが証明されています。

潜在意識が何かを記憶するときには、その記憶が「いい」か「悪い」かは区別されません。
しかも、潜在意識は事実上の現実と、想像上の現実を区別しないのだともいわれます。
ですから、現実と想像の区別がつかなくなってしまい、思考と行動が潜在意識によって現実に導かれてしまうこともあり得ます。
潜在意識は一番強力で、いくら強い意志を持っていたとしても、潜在意識には適わないので、
例えば、「ダイエットをしよう」と意識的に思っても、「今日は特別だから明日からにして、食べてもいいや」と考えてしまうのは、潜在意識のパワーによるものです。

もしもこの潜在意識を、自由自在にコントロールすることができれば、自分の意識や行動は、常に成功に向けて自動的にに進むことにプログラミングされるといわれています。
ただ、この領域につながるのはなかなか難しい。気づきのキッカケは、小さなことからなのだというが・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れ(ケガレ)を落とすと

今まで見えなかったものが見えてくる。

幸運は、自分でできることはまずやることで呼び込んでいる人に多くやってくる。

 

世の中には、ツキのある人というのが確かにいます。

気づいた人が次のステージに進むことができ、そこでの気づきが必ず又あって、更に次のステージに進むことができる。

 

やると良いとわかっても、やらない理由を見つける名人でいては、なにも変わらない。

なぜそうするのか、そのときには解らなくても、後でわかることが多い。

http://www.kng2321-cbs.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気楽な短編小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 購読無料

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://goldencastle100.web.fc2.com/shortstory1.html

ときどき、続きを書き足してどんどん面白くなっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログの過去ログ一部(まとめて読みたい方に)

http://goldencastle100.web.fc2.com/blogbuck1.html 

一段落

昨年9月に買い替えたばかりのPCは、今にして思えば最初から変だった。

一番最初は、CDへの書き込みができなくなったこと。

新しいCDをセットしても、それを読めない。仕方なく別のPCで書き込みをやった。

 次がTVを見られなくなったこと。暮れの番組で録画したいものがあったのに・・・

 次がダウン。システムの復元をやったところ、デスクトップのホルダーアイコンが全て見えなくなり、ついでに言語バーも消えて、どうにも復旧できない。

 ホルダーを見つけても、中身は空になっていてデータはどこにあるのか判らない。

 

 販売店に状況を説明してメーカー側に問い合わせてもらい、私のところにも返事をしてもらえるように依頼したが、販売店経由でしか返答は返ってこず、しかも状況を改善できるような解決策は一つもなかった。

 重大なトラブルであり、研究対象ともなる事例であるのは明確なのに、メーカーが私のところに現象を細かに聞いてくるなり見に来るなりの行動というのは一切なかった。

 PCCディスクにあると思われるデータ量は100G程度である筈が、最終的には835Gにも増え続けた。ソフトが悪いのかハードが悪いのか判らないまま、このPCはリカバリーしたとしても信頼できないので、保険期間中でもあり替えて貰った。

 そこからが大変でした。データのレスキューは835Gもの内容をチェックしきれないので諦め、バックアップしてあった40Gだけを頼りに新たにセットアップしたのですが、何をやるにも暗証番号を聞いてくるし、そんなデータはリカバリー対象にして消してしまったPCに入れてあったので覚えてもいないし・・・

 皆さん、passwordなどはUSBメディアなりの外部に保存しておいて下さいネ。

 

 少し前に、新しくセットアップしたデータシステムのバックアップまでの作業が終わり、今は良い気分です。仕事の合間の時間を使っての作業なので、1週間ほど費やしました。

プロフィール

AA3TAKE◎小さな気づきから

Author:AA3TAKE◎小さな気づきから
 
 生きているだけで価値があるのだとも言われますが、この世に生まれた甲斐は、幸せになるということのはず。

 幸せは、顔をそちらに向けねば気づかぬままに通り過ぎてしまいがちだから、これからは努めてよきことを数えてみようと思っています。
心と体が健康であってこそ、正しく美しい気づきが得られ幸せに導かれる。
普段が楽しくあらねばならないのだと思います。

フリーエリア


自分でもできる墓石クリーニング
  成功する人は皆、潜在意識の使い方がうまいのだといわれています。
自分をとりまく動きが全ての場面で変わってくるというインパクトを持ったきっかけとなるのが、墓石クリーニング。
 運が悪いだのツキがないだの言ってるだけで、自分では何もしないのでは、どうにもならないということだけは確かなことです。

bosekibanar5 
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
血糖値・糖尿病に「紅菊芋パウダー」
蜂蜜・プロポリス専門店
40万人が禁煙に成功
痛くない脱毛器
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご案内
フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご連絡は、こちらから
お問い合わせや、情報交換etc.

名前:
メール:
件名:
本文: